ブログ記事一覧はこちらです。

「貴重なお話をありがとうございました」の言い換えと使い方【ビジネスシーン】

言葉遣い

ビジネスシーンでよく使われる「貴重なお話をありがとうございました」というフレーズ。相手が話してくれた内容が自分にとって「貴重」「有益」であった場合に使いますが、具体的にはどのような言い換えや使い方があるのでしょうか。

このブログでは、ビジネスシーンで使える「貴重なお話をありがとうございました」の言い換えや使い方について、具体的な例文と合わせて解説します。

「貴重なお話をありがとうございました」意味

「貴重なお話をありがとうございました」は、ビジネスシーンでよく使われるフレーズです。意味は「あなたのお話は、価値があり、勉強になりました。ありがとうございました」です。

「貴重」は「価値のある」という意味です。ここでは、お話の内容が価値があり、勉強になりましたという意味で使用されています。

「お話」は「話」を丁寧にした表現です。

「ありがとうございました」は「感謝しています」という意味です。

相手の話を真摯に聞いていたことや、その話が自分にとって価値があったことを伝えることができます。

【社内での会話】

後輩
後輩

先日は、貴重なお話をありがとうございました。 先輩からのお話に、本当に励まされました。 そのおかげで、前向きに頑張ろうという気持ちになりました。

先輩
先輩

一緒に頑張っていきましょうね。

先輩から貴重なお話をいただき、そのお話に励まされ、感謝しているという内容です。また、そのお話のおかげで、前向きに頑張ろうという気持ちになったと伝えています。

「貴重なお話をありがとうございました」を使う時

「貴重なお話をありがとうございました」を使う時はどんな時でしょうか?

「貴重なお話をありがとうございました」は相手から話を聞き、その話が価値のあるものだと感じた時です。具体的には以下の場面になります。

A)上司から指導を受けた時

B) 会議やセミナー、研修会などで有益な話が聞けた時

C) 会議後に感謝のメールをする時

D)取引先から有益な話が聞けた時

貴重なお話をありがとうございましたを使うことで、相手への敬意と感謝の気持ちを表すことができる言葉です。適切な場面で、上手に使っていきましょう。

上記A)B)C)D)のシーンで貴重なお話をありがとうございましたを使って文章を考えてみましょう。

「貴重なお話をありがとうございました」の例文


A)上司から指導を受けた時



貴重なお話をありがとうございました。具体的なアドバイスをいただき勉強になりました。今後は、いただいたアドバイスを参考に、業務に取り組んでまいります。


貴重なお話をありがとうございました。直接指導を受けることができて、とても光栄です。今後もご指導の程よろしくお願いいたします。


貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。引き続きご指導の程よろしくお願いいたします。


お話を伺えて大変光栄です。今後の業務に活かしていきたいと思います。

単に感謝の気持ちを伝えるだけでなく、相手の話に興味を持って、さらに深く理解したいという気持ちも表すことができます。

具体的な表現が思い浮かばない場合は、上記の例を参考に、自分の言葉で表現してみてください♡

【社内向け・ビジネスメール例文】

お疲れ様です。 〇〇部の田中です。

先日はお時間をいただきまして、誠にありがとうございました。
○○については、大変興味深く、貴重なお話をありがとうございました。
特に○○については、私にとって大きな気づきとなりました。

今後の業務に活かしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

この度は誠にありがとうございました。

今後の取り組みへの意欲を前向きな言葉で表現していますね♡

B) 会議やセミナー、研修会などで有益な話が聞けた時


貴重なお話をありがとうございました。○○について、とても参考になりました。今後は、○○に意識して取り組んでまいります。


貴重なお話をありがとうございました。また次回もぜひ参加させていただきます。


・本日は、〇〇についてお話を伺うことができて大変光栄でした。


貴重なお話を伺うことができ、大変勉強になりました。


貴重なお話をいただき、とても勇気づけられました。今後も頑張ります。

【会議・セミナー・研修会の感想メール例文】

先日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

○○に関するお話を拝聴し、大変勉強になりました。
特に、○○については、具体的で理解しやすく、とても参考になりました。

また、〇〇について、ご教示いただければ幸いです。
今後の業務に活かしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

C) 会議後に感謝のメールをする時
会議が終わってから、貴重なお話を聞けたことに感謝する時に使います。



・本日はお忙しい中、参加していただき、ありがとうございました。貴重なお話をいただき、大変勉強になりました。今後の業務に活かしてまいります。


貴重なお話をいただきありがとうございました。大変感銘を受けました。 〇〇については、私自身も実践していきたいと考えております。


・○○様の貴重なお話を聞かせていただき、大変勉強になりました。


貴重なお話を聞かせていただき、大変感謝しております。今後ともご指導よろしくお願いいたします。


※なるべく早く感謝の気持ちを伝えることで、好感が持てます。また、具体的な内容に触れることで、相手に感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

会議後に「貴重なお話をありがとうございました」を使って、感謝の気持ちを伝えてみてください。

【社内向け・会議後に送る感謝のメール例文】

お疲れ様です。 〇〇部の田中です。

本日は、貴重なお話をありがとうございました。

特に○○について、より深く理解することができ、大変勉強になりました。

今後の業務に活かしていきたいと思います。今後とも、よろしくお願いいたします。


D)取引先から有益な話が聞けた時


貴重なお話をありがとうございました。お話からたくさんの示唆を得ることができ、大変参考になりました。今後も良い情報交換ができることを期待しております。


有益なアドバイスをいただきまして、心から感謝しております。これからもお力添えいただけると幸いです。


・本日は、〇〇についてお話を伺うことができて大変光栄でした。


貴重なお話を伺うことができ、心から感謝しております。お話の中でお示しいただいた考え方に共感し、今後の実践に生かしていきます。


貴重なお話を伺うことができ、感謝しております。今後もこのような価値あるお話をお伺いできればと願っております。

【取引先へのメール例文】

いつもお世話になっております。 〇〇株式会社の田中です。

本日は、商談の機会をいただき、誠にありがとうございました。
貴重なお話を聞かせていただき、大変勉強になりました。

また、〇〇について、ご教示いただければ幸いです。
今後の業務に活かしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

貴重なお話をありがとうございましたのほかの表現を知りたいです。メールとかにも使いたいです。

貴重なお話をありがとうございましたの言い換えの例文をもう少しみていきましょう

「貴重なお話をありがとうございました」の言い換え

貴重なお話をありがとうございましたの言い換えです。
ニュアンスは少しずつ違いますが、どの表現を選んでも、感謝の気持ちを誠実に伝えることが大切です。表現の好みは、相手にあわせて使い分けてみましょう。

基本的な表現【言い換え】

・お話を伺えて光栄です。

・お話を聞けて光栄に思います。

・お話を伺えて、大変光栄に感じております。

・お話を聞かせていただきありがとうございます。

・お話を伺うことができ、心から感謝しております。

・お話を伺えてうれしく存じます。

・貴重なお話を頂戴しましてありがとうございます。



※基本的な表現をベースに、シーンや相手、話の内容に合わせてカスタマイズし、より相手に気持ちが伝わるフレーズにして使ってみてください。

感謝の気持ちを強調する表現

「心から」「心より」「貴重なお言葉に励まされました」「ご教示に感謝の気持ちでいっぱいです」「感謝の気持ちで胸がいっぱいです」などは、いずれも感謝の気持ちを強調する表現です。

「貴重なお言葉に触れ」「素晴らしいお時間を共有」は、感謝の気持ちや共有した喜びを表現しています。

貴重なお話をありがとうございましたの言い換え・基本的な表現をカスタマイズする時に参考にしてみてください。

以下に例文がありますので、よろしければご参考にしてください♡

感謝の気持ちを伝える【言い換え】

感謝の気持ちを伝える表現で、ビジネスシーンでも日常生活でも使える汎用性の高い表現です。

・大変有益なお話を頂戴し、ありがとうございました。

・有意義なお話を頂戴し、心から感謝いたします。

・お話を伺えて光栄です。深いご教示に感謝しております。

・お話を頂戴し、本当にありがとうございました。貴重なお言葉に励まされました。

感謝の気持ちと共有した喜びを伝える【言い換え】

感謝の気持ちと共に、感動や励ましを伝えることを目的としています。いずれも長めの表現になっています。そのため、メールなどの文章で使ってみてください。

・貴重なお話を伺うことができ、とてもうれしく存じます。ご教示に感謝の気持ちでいっぱいです。

・お話を頂戴し、心より感謝しております。貴重なひと時を共有できてうれしかったです。

・誠にありがとうございました。貴重なお言葉に触れ、心豊かなひとときでした。

・貴重なお話を伺うことができ、感謝の気持ちで胸がいっぱいです。素晴らしいお時間を共有させていただきありがとうございました。

・貴重なお話を伺うことができありがとうございます。ご教示に心から感謝いたします。

まとめ

ビジネスシーンでは、感謝の気持ちを伝える際に、表現や使い方を変えることで、より効果的に伝えることができます。具体的な言い換えや使い方を知っておくと、相手に感謝の気持ちがより伝わりやすくなります。「貴重なお話をありがとうございました」いつも使うよりも、その時に合った言い換えもできるようになったらいいですね。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました