ブログ記事一覧はこちらです。

「お時間を頂戴し」の使い方と類似表現、メールでの例文を解説

言葉遣い

「お時間を頂戴し(ちょうだいし)」は、ビジネスシーンでよく使われる表現です。相手の時間をもらう時に、丁寧にお願いをする時に使います。

例えば、ビジネスシーンで相手の時間をもらった時に、「貴重なお時間を頂戴し、誠にありがとうございました」と使用します。

相手の時間をもらうことになるため、丁寧な表現が求められます。状況や相手との関係性に合わせて、適切な表現を選ぶようにしましょう。今回はお時間頂戴し(ちょうだいし)に続く言葉や使い方、類似表現、メールについて紹介していますので、ご参照いただけましたら幸いです。

「お時間を頂戴し」とは

読み方は「おじかんちょうだいし」と読みます。「お時間を頂戴しの意味や使い方についてみていきましょう。

「お時間」時間に「お」がつき、丁寧な表現になります。
相手の行動のため「お」が尊敬語になります。
頂戴し」「頂戴」は「もらう」の謙譲語です。
「し」は「する」動詞です。

「お時間を頂戴し」の意味


「お時間」は「相手の時間」を指すため、敬語の「お」がつきます。

「頂戴し」とは「もらう」の謙譲表現になります。

お時間をもらう」という意味になります。

お時間を頂戴し」を使う時とは
・相手の時間をもらいたい時に使います。


【どのような状況やツールで使う?】
・ビジネスの場では、会話やメールで使います。

【誰に対して使う?】
・目上の人、取引先の人に対して使います。


【どんなシーンで使う?】
・面談や会議の日程を調整する時
・資料や提出物を作成する時
・回答や指示をもらう時
・アドバイスや協力をお願いする時

※「お時間を頂戴し」は、相手の時間をもらうことを丁寧にお願いする表現です

「お時間を頂戴し」の使い方についてみていきましょう♡

「お時間を頂戴し」の使い方

ビジネスの場で、よく使われる「お時間を頂戴し」の使い方についてみていきましょう。

お時間頂戴の使い方


・もしご迷惑ではなければ、お時間を頂戴してもよろしいでしょうか


お時間を頂戴し誠に申し訳ございません。


お時間を頂戴し、ありがとうございました。


お時間を頂戴し、○○の件についてご相談させていただきたく存じます。



お時間を頂戴し恐縮でございます。

「お時間を頂戴し」には、「相手の時間をもらうこと」に対して依頼・お詫びの意味合いが含まれています。

お時間を頂戴し」を使う際のメリットや注意点ってなんですか?

メリットや注意点を以下にまとめてみました♡

お時間を頂戴を使うことのメリット



・相手に敬意を示し、丁寧な態度を伝えることができます。

・相手のことを配慮した表現であるため、好感度を高めることができます。

・相手にわかりやすく、ビジネスシーンで使いやすい表現です。

お時間頂戴しを使う時の注意点



・かしこまった言葉であり、使いすぎると形式張るため、気をつけましょう。

・相手の都合を気遣いましょう。

・相手の時間をもらうため、用件を明確に伝え、時間を割いてもらう理由を説明をしましょう。

「お時間を頂戴し」の例文

お時間を頂戴しの例文についてみていきましょう。

※先の注意点で挙げました、用件の伝え方や相手に時間を割いてもらう理由などの文例として参考にしてみてください。

【取引先での会話・その1】

<br>

お忙しい中、お時間を頂戴し、誠にありがとうございました。

取引先の人
取引先の人

こちらこそ、どうもありがとうござました。

「お忙しい中」のように相手を気遣うには?


・お忙しいところ申し訳ございませんが
・ご多忙のところ申し訳ございませんが
・申し訳ございませんが
・恐れ入りますが
・お忙しい中、恐縮ですが
・大変恐縮ですが
・恐縮ですが などの種類があります。


※ご自身の状況や伝えたい内容に合わせて、適宜(てきぎ)表現を調整して使っていきましょう。

※上記の言葉を前置きにすることで、相手に忙しいことを気遣い、無理をさせないように配慮することがうかがえますね。

相手に敬意を払い、配慮する気持ちを示すことができます。

【社内での会話・その2】

後輩
後輩

セミナーの課題の「〇〇」が難しく、困っています。アドバイスのお時間をいただければと存じます。

先輩
先輩

その課題については「〇〇の本」で勉強して、「□□の本」も参考にしました。メールで送っておきますね。なにかあればいつでも相談してくださいね。

後輩
後輩

お忙しい中貴重なお時間を頂戴しありがとうございました。先輩のおかげで、前向きに頑張ろうという気持ちになりました。

先輩に時間を取らせることを考慮してお時間をいただければと存じまと丁寧にお願いしています。「貴重なお時間」と相手の時間を尊重する気持ちを表すことで、より丁寧な印象を与えることができます。

「お時間を頂戴し」の類似表現

お時間を頂戴しの類似表現と例文についてみていきましょう。類似表現とは、似た表現のことを指します。

「お時間を頂戴し」の類似表現例文
「お時間をいただき」・お時間をいただきまして、ありがとうございました。
・お時間をいただきまして、感謝申し上げます。
・お時間をいただきまして、心よりお詫び申し上げます。
「お時間を頂戴いたしまして」・お時間を頂戴いたしましてありがとうございました。
「お時間を設けて(もうけて)いただき」・お時間を設けていただきありがとうございました。
「お時間を頂戴できるとのこと」・お時間を頂戴できるとのこと、誠に恐縮です。
「お時間をお付き合いいただき」・お時間をお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
「お待たせして申し訳ございません」・このたびは、お待たせして申し訳ございません。
「お待たせいたしまして申し訳ございません」・このたびは、お待たせいたしまして申し訳ございません。
「ご協力をお願いできますでしょうか」・こちらについて、ご協力をお願いできますでしょうか
「お力添え(おちからぞえ)をお願いできますでしょうか」・こちらについて、お力添えをお願いできますでしょうか

※相手の時間をもらうことになるため、丁寧な表現が求められます。状況に合わせて、適切な表現を選ぶようにしましょう。

「お時間を頂戴し」の言い換えをみていきましょう。

「お時間を頂戴し」の言い換え

お時間を頂戴しの言い換えについて、ビジネスの場では、目上の人や取引先の人に対してどのように丁寧な言い換えをしたらいいのでしょうか?みていきましょう。下に進むほど、より丁寧な表現になります。

お時間をください」「お時間いただけますか」「お時間をいただきたいと思います」「お時間がほしいです」「お時間をもらいたいです」は敬語です。親しい人に対して使うのはいいのですが、目上の人に使用する際はより丁寧な言葉を使い、好感度を高めてみましょう。

「お時間をください」
「お時間をいただきたいです」
「お時間をいただきたいと思います」
「お時間をいただけますか」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ビジネスの場では、ここより下を使う方が望ましいです。

お時間をいただきたいと考えております
「お時間をいただけますでしょうか」
「お時間を頂戴できますでしょうか」
「お時間を頂戴できればと存じます」
「お時間を頂戴できれば幸いです」
「お時間をいただければと存じます」
「お時間をいただければ幸いです」
「お時間をいただけましたら幸いです」
「お時間をいただけますと幸いです」
「お時間をいただけましたら幸甚(こうじん)でございます」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「お時間をいただけたら」という丁寧な表現です。

「お時間を頂戴したく存じます」
「お時間をいただきたく存じます」
「お時間をいただきますようお願い申し上げます」
「お時間をくださいますようお願い申し上げます」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「相手に時間をもらう」という丁寧な表現です。

相手の時間をいただく、もらう時には慎重に言葉を選びましょう。メール文でみていきましょう。冗長的(じょうちょうてき)・長めの言い回しについてはメールで使うようにしましょう。

【長めの文例:お時間をいただけましたら幸甚(こうじん)でございます】

お時間を頂戴しの文例

どちらも相手の都合を考えた丁寧なメール文ですね。結びに「何卒よろしくお願い申し上げます」を使うことで、より丁寧になります。

まとめ

お時間を頂戴し」について紹介しました。相手の時間をもらうことを丁寧にお願いする言葉です。

用件を明確にしたり、相手の都合を考えて日時や時間を尋ねたり、丁寧に対応するなど状況に合わせて、適切な表現を選んでいけたらいいですね。ご参照いただけましたら幸いです。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました