ブログ記事一覧はこちらです。

「気にしないでください」の使う時のコツ、丁寧な表現【例文あり】

言葉遣い

仕事やプロジェクトを進めていく中で、相手の厚意や気遣いに対して「気にしないでください」と伝える機会はよくあります。しかし、この言葉だけだと、少し親切さや丁寧さに欠けるように感じる人もいるかもしれません。

そこで、このブログでは、ビジネスシーンで使える「気にしないでください」の丁寧な言い方や使い方を、詳しく解説します。また、「気にしないでください」の使い方のコツもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

「気にしないでください」の意味

「気にしないでください」は、相手の厚意や気遣いに対して、気にかける必要はないですよという気持ちを伝える言葉です。日常生活やビジネスシーンなど、さまざまな場面で使用できる言葉です。


1)相手が何かを気にかけてくれている時に、気にしなくてよいということを伝える。

2)相手に何かをお願いされた時に、相手を気遣って、気にしなくてよいということを伝える。

※大きく分けると、2つの意味になります。1)相手からの気遣いや配慮に対して使う時と、2)その気遣いに対して気にしないでという気持ちを伝える時です。

「気にしないでください」だと親しい人には使ってもいいけど、ビジネスシーンや目上の人には、少し丁寧さが足りない気がします。言い換えを教えて欲しいです。

そうですね。ビジネスシーンでは、特に相手への敬意を込めた言い回しを意識したいところです。一緒にみていきましょう。

「気にしないでください」の言い換え

「気にしないでください」は丁寧な表現で、親しい人に対して使うのはいいのですが、目上の人やビジネスシーンでは、より丁寧な表現を使いましょう。

【丁寧な言い換え】
お気になさらないでください

お気になさる必要はございません

お気にとめられませんよう

【親しい人への言い換え】
・お気遣いなく

・構いません、お構いなく

・心配しないでください


・お気持ちだけでもうれしいです

※ビジネスシーンで使う場合は、相手との関係性や状況に応じて、適切な表現を選ぶといいですね。

ひとつずつみていきましょう♡

「お気になさらないでください」

「お気になさらないでください」は、相手が何かを気にしているのではないかと心配している気持ちの表現です。「気にしないで」「心配しないで」「大丈夫ですから」という意味合いです。

相手を気遣う丁寧な表現のため、目上の人やビジネスシーンで使います。

「お気になさる必要はございません」

「お気になさる必要はございません」は、「気にする必要はありません」という意味です。

「気にしないでください」の丁寧な表現です。「必要」を加えることで、より強い意志を表現することができます。

・お気になさる必要はございません。私の責任ですので、私が対応させていただきます。

「お気にとめられませんよう」

「お気にとめられませんよう」は、「心配しないでください」「気にしないでください」という意味です。

相手が言動や行動を気にしたり、遠慮している時に使います。

・どうか気にとめられませんようお願い申し上げます。

ここからは、親しい人に対して使うフレーズです。ビジネスシーンで使う時は気をつけて使いましょう♡

「お気遣いなく(おきづかいなく)」

「お気遣いなく」は、相手の気遣いや厚意を断りたい時に使う表現です。

目上の人に対して使う時は、「お気遣いないようお願いします」「お気遣いなさらないでください」など、より丁寧な表現にしましょう。

「構いません」「お構いなく」

「構いません」「お構いなく」は「気にしない」「差し支えない」「気にしなくてもいいですよ」という意味です。

丁寧な表現ですが、打消しの表現が使われているため、否定的な印象になります。

ぶっきらぼうな感じ、愛想ない感じになるので、使う時はほかの丁寧なフレーズと一緒に使ってみましょう。

「心配しないでください」

「心配しないでください」は、「気にしなくていいです」「不安に思わなくていいです」という意味です。

相手が心配している時に、その不安を払拭するために用いられる言葉で、相手を安心させる丁寧な表現です。

・その件につきましては、どうかご心配しないでください。私が責任を持って対応いたします。

「お気持ちだけでもうれしいです」

相手から何かいただいた時や、してもらった時に、その気持ちだけで十分うれしいという気持ちの表現です。相手を思いやる気持ちが伝わる言葉だと思います。

お気持ちだけでもうれしいです。大切に使わせていただきます。

いろいろなフレーズを理解し、組み合わせて使ってみましょう。

「気にしないでください」の使う時のコツってなんですか?

言葉遣いも大切ですが、ポイントをおさえましょう♡

「気にしないでください」使う時のコツ

「気にしないでください」使う時の3つのコツを挙げました。

・相手の気持ちを汲み取る

・相手の気持ちに寄り添う

・感謝の言葉をあわせて使う

下記の例文をみましょう。

気にしないでくださいというフレーズは、丁寧な言葉遣いであっても、それだけでは、少し簡潔すぎる印象を与えてしまいます。

上記の3つのコツを使ってみましょう。

【社内での会話】

同僚
同僚

客先へのお礼状は、自分の分は仕上げたので、手伝いますよ。

ありがとうございます。でも、あと少しで終わるので大丈夫です。気にしないでください。声をかけてくれてうれしいです。

相手が何かを気にかけてくれている時って、相手の気持ちに感謝しつつ、なんと言えばいいのか悩みますよね。

【上記の良い点】

とても丁寧な対応です。

・同僚の申し出に対して、相手に感謝の気持ちを伝えるとともに、自分の仕事はあと少しで終わるということを伝えることで、相手を安心させることができます。

「気にしないでください」という言葉で、相手の申し出に配慮しています。

・「声をかけてくれてうれしいです」で相手の気持ちに寄り添う言葉を添え、共感しています。


※3つのポイントは、とてもわかりやすく、実践しやすい内容です。ぜひ参考にしてみてください。

「どうか」「どうぞ」をあわせて使う

「どうか」「どうぞ」をあわせて使うことで「気にしないでください」の表現が強調され、また、相手に配慮や気遣いの気持ちが伝わります。

【相手が自分のことを気にして、頼みにくい時】


・何かあれば、おっしゃってください。どうかお気になさらないでください。私ができることなら、お手伝いします。

・何か困ったことがあれば、いつでも言ってください。どうかお気になさらないでください。私ができることなら、お手伝いします。

「気にしないでください」例文

気にしないでくださいの例文についてみていきましょう。シーンは以下のとおりです。

※先の失敗しないためのコツで挙げました内容を、ぜひ参考にしてみてください。

A)上司からの急な頼まれごとに対して。
ーー急な頼みごとなので、上司が申し訳なく思っています。


B)同僚に対して「気にしないでください」を使う。

ーー同僚が仕事を手伝ってくれると申し出ました。


C)
先輩に対して「気にしないでください」を使う。
ーー先輩がバレンタインのお返しを「特別なものを用意すると言ってきました」

A)上司からの急な頼まれごとに対して
ーー急な頼みごとなので、上司が申し訳なく思っています。


・ありがとうございます。お気になさらないでください。明日までに用意させていただきます。

ご心配いただきありがとうございます。明日までに用意いたしますので、ご安心くださいませ。


B)同僚に対して「気にしないでください」を使う。

ーー同僚が仕事を手伝ってくれると申し出ました。

・ありがとうございます。でも、この仕事は、自分で責任を持ってやりたいので、気にしないでください

・ありがとうございます。気にしないでください。お気持ちだけでもうれしいです。


C)先輩に対して「気にしないでください」を使う。

ーー先輩がバレンタインのお返しを「特別なものを用意すると言ってきました」

・お返しを用意していただくこと、とてもうれしいのですが、お気になさらないでください。

・お返しを用意してくださるなんて、恐縮です。先輩のお気持ちだけで十分です。

※感謝の言葉と「お気になさらないでください」を合わせて使うことで、より相手への配慮や気遣いの気持ちが伝わります

相手の気持ちに配慮し、感謝の気持ちも伝えることができます♡

上司に向けて「気にしないでください」使う時の例文

上司や目上の人から「気にしないでください」使う時の例文です。感謝と謙遜の言葉に注意してみましょう。言い換えの例文もあります。

・ご配慮ありがとうございます。こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

・ご心配いただきありがとうございます。どうかお気になさらないでください。

・ご配慮ありがとうございます。お気持ちだけでもうれしいです。

・お気遣いありがとうございます。どうかお気になさらないでください。

上司に対して丁寧な表現で「気にしないでください」を使いましょう♡

まとめ

「気にしないでください」という言葉は、相手が自分のことを気にして、心配や気を遣っている場合に、その気持ちを理解し、気にしなくて良いという表現の言葉です。

使い方のコツを会話中に使うことで、感謝の言葉や相手の気持ちを汲み取る、相手の気持ちに寄り添うという気持ちも込めることができます。

より円滑なコミュニケーションをはかるために、ぜひ参考にしてください。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました