ブログ記事一覧はこちらです。

「わざわざ」の正しい使い方・失礼にならない敬語表現・言い換え例

言葉遣い

「わざわざ」は、相手への感謝や敬意の気持ちを伝える際によく使われる言葉です。しかし、使い方を間違えると失礼な印象になります。イントネーションや人柄によって表現をカバーすることもできますが、今回は「わざわざ」を使って感謝、敬意の気持ちを伝える言い回しや、失礼にならない言い換え、例文について紹介いたします。

「わざわざ」の意味

「わざわざ」の意味は、2つあります。

1)その事のために労力をつぎこむ様子
2)しなくてもよいことをする様子

「彼はわざわざ、私にわかりやすく説明をしてくれた」を上の1)2)の意味にあてはめて考えてみましょう。

あてはめていくと、肯定的な意味と、その反対の意味がわかります。

1)そのためだけに、労力をつぎこむこと。

意味:彼は労力をいとわず私に教えてくれたという肯定的な意味になります。

2)しなくてもよいことをする。

意味:教えてくれたこと(しなくてもよいこと)が不平不満であるという意味になります。

「わざわざ」は、使い方によって失礼な意味に捉えられてしまうので気をつけましょう。

「わざわざ」が失礼な意味にならないようにするには、どうしたらいいか見ていきましょう。

「わざわざ」と「ありがとうございます」をあわせて使う

「わざわざ」は副詞です。「わざわざ」+「ありがとうございます」を合わせて使うことで敬う気持ちが強調されます。ビジネスシーンに適した表現です。

例文

わざわざありがとうございます。

わざわざ連絡をくださりありがとうございます。

【取引先の会話】

取引先の人
取引先の人

今日は、資料をお持ちいたしました。

遠いところから、わざわざお越しくださいましてどうもありがとうございます。

「わざわざ」を合わせることで、より敬意、感謝が伝わります。心から敬意、感謝する気持ちがあることが前提で使います

【補足です】
「お越しくださいましてどうもありがとうございます」の言い換え

・ご足労いただきまして、どうもありがとうございます。

・遠いところ、お越しいただきまして、どうもありがとうございます。

「わざわざ」を使って失礼になる時

イントネーションや人柄によって表現をカバーすることもできますが、「わざわざ」を使うことで失礼に捉えられてしまうこともあります。例文をみて、適切な使い方をしていきましょう。

わざわざを使うと失礼になることも…気をつけないと!

相手の行動を断る時

「わざわざ」+ 「相手の行動を断る表現」をあわせて使うと失礼な表現になってしまいます。言い換えも合わせてみていきましょう。

わざわざご連絡されなくても、私から連絡いたします。

→言い換えると

・ご連絡いただきまして、ありがとうございます。

・ご連絡いただきまして、ありがとうございます。私からも連絡いたします。

自分の行動に対して「わざわざ」を使う

「わざわざ」を自分の行動に対して使うと印象が悪い表現になってしまいます。言い換えもあわせてみていきましょう。

わざわざ徹夜して明日に資料を作成しました。

→言い換えると

・私は、徹夜して明日の資料を作成しました。


わざわざがつくことで「自分が〜しました」という強い言い回しになるため、控えましょう。

「わざわざありがとうございます」言い換え

「わざわざありがとうございます」をよりよい印象にするには、「わざわざ」+ 「感謝する内容」を具体的に言葉で表現をすることで、感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

相手に感謝する内容を相手に伝えるので、わかりやすいですね♡

「わざわざ」+「感謝する内容」を具体的に話す

→言い換えると

・わざわざ書類をお持ちいただきましてありがとうございます。

・わざわざ遠いところから書類をお持ちいただきましてありがとうございます。

「わざわざすみません」の言い換え

「わざわざすみません」とはよく使っていませんか?「わざわざすみません」でもいいのですが、言い換えてみましょう。よりよい印象になります。

「わざわざ」の代わりに「せっかく」を使う

「わざわざすみません」の代わりに「せっかく」を使ってみましょう。

わざわざすみません。お持ちいただいたのに、担当が不在にしております。

→言い換えると

・お忙しい中、せっかくお越しいただいたのに、担当が不在にしており申し訳ございません。

「せっかく〜していただいたのに、申し訳ございません」の使い方ですね♡

「わざわざ」の代わりに「本当に」を使う

「わざわざ」の代わりに「本当に」を使ってみましょう

わざわざすみません。お持ちいただいたのに、担当が不在にしております。

→言い換えると

・お忙しい中、お越しいただいたのに、担当が不在にしており本当に申し訳ございません。

「本当に」を使うと、心から申し訳ないと思う気持ちが伝わります。「誠に」はビジネスシーンで適した言い回しですね!

まとめ

「わざわざ」の意味は2つあります。私は感謝・敬意を強調する際、感謝する内容を具体的に伝えるように心がけています。具体的に伝えることで、私は〜に対してありがたく思っているという気持ちが自分の中で再認識でき、相手も理解しやすいからです。

「わざわざ」を使う際には、単に感謝の気持ちを伝えるだけでなく、具体的な内容や相手の気持ちに配慮することで、より深い感謝の気持ちが伝わるようになります。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました