ブログ記事一覧はこちらです。

「お話ができて嬉しかったです」ビジネスシーンでの使い方、言い換え【例文付き】

言葉遣い

「お話ができて嬉しかったです」は、相手と有意義なお話ができた時や、お話できてよかった時に使われる表現です。ビジネスシーンでは、より丁寧な表現を使うことが大切です。

本記事では、「お話ができて嬉しかったです」の意味と使い方、ビジネスシーンでの言い換え表現について、具体例を挙げて解説していきます。

「お話ができて嬉しかったです」だと、友達に言っているみたいでどうしたらいいですか?

ほかの表現もマスターしましょう♡

「お話ができて嬉しかったです」のほかの表現、言い換えはこちらです。

「お話ができて嬉しかったです」の意味

「お話ができて嬉しかったです」は、相手の話を聞いてよかった、話せてよかったという気持ちを表す丁寧な表現です。以下の意味合いがあります。

・相手と有意義な会話ができた

・相手から新しい知識や有益な情報を得ることができた

・相手と親しくなることができた

・相手と会話を楽しむことができた

「お話ができて嬉しかったです」は、日常会話やビジネスシーンなどで使う表現です。

・商談や面接などのビジネスシーンで、相手と有意義な会話ができた時

・友人や知人との会話で、楽しく過ごせた時に使います。

・使うことで、相手との信頼関係を深め、好感を持ってもらえることです。

お話ができて嬉しかったですは、同僚や親しい人に対して使うことは良いのですが、ビジネスシーンでは、より丁寧な表現を使うことが大切です。例文をご参照ください。

「お話ができて嬉しかったです」の丁寧な言い換えです。

・貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。

・貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。お会いできて嬉しかったです。

・お話できて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

・お話が伺えて、大変感謝しております。

・貴重なお話を伺えて、嬉しく存じます。

・有意義なご意見をいただき、感謝しております。

これらの表現は、相手と会話ができたことに感謝し、会話の内容が有意義であったことを伝えることができますね。

「お話ができて嬉しかったです」と同じ意味合いを持ちながら、より丁寧な印象になりますね。

「嬉しかったです」は丁寧語。だけど少しカジュアルな表現ですよね。

そうですね。「嬉しいの敬語表現」を使いましょう。

嬉しい気持ちを表す敬語表現

ビジネスシーンではより丁寧な表現を使うことが大切です。ビジネスシーンでよく使う「嬉しい」の敬語表現を紹介します。

基本的な表現:「嬉しく思います」「嬉しい気持ちでいっぱいです」「嬉しく存じます」

より丁寧な表現:「嬉しい限りです」

目上の人に使う表現:「大変光栄です」「光栄に存じます」

感情的な表現:「胸がいっぱいになります」「喜びがあふれてきます」

相手との関係性や状況に応じて使い分けることを意識することで、より丁寧な印象になりますね。

よろしければ、こちらもご参照くださいませ。

「お話ができて嬉しかったです」を使う時

お話ができて嬉しかったですを使う時のシーンです。相手にどのように伝えたらいいのか考えてみましょう。


A)取引先との会話
ーー商談や会議の後に、お礼や感謝の気持ちを伝える際に使う。


B) 上司との会話
ーー会話の後に、感謝の気持ちを伝える際に使う。


C) 同僚や親しい人との会話
ーー会話の後に、良好な関係を築くために使う。

上記A)B)C)のシーンでお話ができて嬉しかったですなどを使った文章を考えてみましょう。

取引先との会話「お話ができて嬉しかったです」例文

場面は会議や商談後です。「お話ができて嬉しかったですを言い換えた例文を考えてみましょう。

・本日は、貴重なお時間をいただきありがとうございました。とても有意義な時間でした。今後ともよろしくお願いいたします。


お話を伺えて大変光栄です。事業に対する理解が深まりました。今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。

・本日は、お話の機会をいただきありがとうございました。有益なお話に感謝申し上げます。


・本日は、貴重なお話を伺えてよかったです。事業に対する理解が深まりました。今後ともお付き合いよろしくお願いいたします。

・本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。お話ができて大変嬉しかったです。

補足です:「貴重なお時間をいただき」を使うことで、相手に時間を割いてもらったことへの感謝の気持ちを表現しています。「お話ができて大変嬉しかったです」は、会話自体を楽しんだことや、会話を通じて何か得るものがあったことを表現しています。

上司との会話「お話ができて嬉しかったです」例文

場面は上司との会話後です。「お話ができて嬉しかったですを言い換えた例文を考えてみましょう。

・ご多忙のところ、お時間をいただき、ありがとうございました。お話ができて、大変心強く感じました。


・今後も、ご指導をよろしくお願いいたします。お話ができて、大変幸せでした。


・〇〇の件について、わかりやすくご説明いただき、ありがとうございました。


・〇〇について、貴重なご指導をいただきありがとうございました。 〇〇の件、今後の自分の仕事に活かしていきたいと思います。

同僚や親しい人との会話「お話ができて嬉しかったです」例文

場面は同僚や親しい人との会話後です。「お話ができて嬉しかったですを言い換えた例文を考えてみましょう。

・いつもとは違った視点からお話を聞くことができ、勉強になりました。お話ができて嬉しかったです。

・本日はありがとうございました。〇〇さんとお話ができて、とても励みになりました。


・教えていただいてありがとうございます。お話できていつも勉強になります。


お話できて、とても勉強になりました。特に、〇〇さんの考え方は、とても参考になりました。

【社内での会話】

同僚
同僚

今日もいろいろなお話ができて、私は勉強になりました。

私こそ、いつも違った視点からお話を聞くことができ、勉強になります。お話ができて嬉しかったです。

「お話ができて嬉しかったです」と伝える際に、状況や内容に合わせて適切な表現を選ぶことで、より相手に気持ちが伝わりやすくなります。

「お話できて楽しかったです」「お話ができて嬉しかったです」の違いはなんでしょうか?

「お話ができて嬉しかったです」の方が幅広く使えます。

「お話できて楽しかったです」は、会話自体を楽しんだことを表現する言葉です。もし相手が真剣な話をしていた場合、会話自体を楽しんだという意味ではなく、会話を通じて、有益、有意義なものがあったことを表現するために「お話ができて嬉しかったです」を使う方が適切です。

「お話ができて嬉しかったです」言い換えでよく使うフレーズ

お話ができて嬉しかったですは、ビジネスシーンや日常生活でよく使われるフレーズです。汎用性のある言い換えの表現を集めてみました。自分の状況や伝えたい内容に合わせて、より適切な表現を使ってみましょう。

・お話ができて、大変勉強になりました。

・お話ができて、うれしく存じます。

・お話ができて、大変有意義でした。

・有益なお話を伺えて光栄です。

・有意義なお時間を過ごさせていただき、感謝申し上げます。

・貴重なお話を伺うことができ、感謝しています。

・お話を伺えて嬉しく思います。

・ご意見ありがとうございました。とても参考になりました。

・お話できて感謝しております。とても勉強になりました。

まとめ

「お話ができて嬉しかったです」は、相手と有意義な会話ができた時や、話せてよかった時に使われる表現です。ビジネスシーンでは、より丁寧な表現を使うことが大切です。

相手への感謝の気持ちや、会話を通して得たことを相手に示すことができますし、シンプルな言葉で素直に気持ちを伝えることができるので、日常会話で使うフレーズの中では、好きな表現です。

本記事で紹介した表現を参考に、適切な表現を選んで使ってみてください。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました