ブログ記事一覧はこちらです。

「お聞かせください」の使い方:丁寧な言い換え表現と【例文付き】

言葉遣い

ビジネスシーンで相手に何かを尋ねる際、「お聞かせください」はよく使う丁寧な表現です。しかし、状況によっては、より丁寧な表現や、より相手に理解してもらいやすい表現の方が適切な場合もあります。

本記事では、「お聞かせください」の意味と使い方を詳しく解説し、丁寧な言い換え表現や、例文を紹介していきます。

「お聞かせください」は、丁寧な言葉ですよね?

「お聞かせください」は敬語ですし、丁寧な言葉です。「お聞かせください」よりも丁寧な表現があるので、使えたら良いですね♡

「お聞かせください」は、尋ねる時に使う表現です。「ください」が命令調のためビジネスシーン、目上の人、上司に使う時は、丁寧な言い換えにすることをおすすめします。

「お聞かせください」の意味と使い方

「お聞かせください」は、「話を聞かせてください」という意味で、相手に何かを尋ねる際に丁寧な表現として広く使われます。

意味合いは、以下になります。

・相手の意見や考え、情報などを聞くことを丁寧に依頼する
・相手に敬意を払い、真剣に耳を傾ける姿勢を示す

「お聞かせください」の「お」がつくことで丁寧な言葉になります。

「ください」は「くれ」を丁寧にした表現ですが、「ください」は命令調になります

「お聞かせください」を目上の人に対して使う場合は、より丁寧な表現に言い換えることが望ましいです。

「お聞かせください」の例文

「お聞かせください」は、ビジネスシーンで相手の話に耳を傾けたい時に使う丁寧な表現です。

以下のように使います。

・意見を聞きたい時→ご意見をお聞かせください

・感想を聞きたい時→ご感想をお聞かせください

・考えを聞きたい時→お考えをお聞かせください

【意見や考えを聞く時】
・新しい商品について、ご意見をお聞かせください。

・今回のミーティングの議題について、ご意見をお聞かせください。

・画書を作成しましたので、ご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

【相手の話を聞く時】
・何かご心配なことがあれば、お聞かせください。

・もし時間があれば、ぜひお話を聞かせください。

【取引先との会話】

恐れ入りますが、今後の商品開発に活かしたいので、ご意見をお聞かせください。

取引先の人
取引先の人

かしこまりました。

※上の会話をみてみましょう。

「お聞かせください」も丁寧な表現ですが、「ください」が少し強めな表現のため、「恐れ入りますが」と一緒に使うことで、より丁寧になります(クッション言葉を使うことで相手を配慮した表現になります)

「恐れ入りますが、今後の商品開発に活かしたいので、ご意見をお聞かせいただけますでしょうかにすると、より丁寧で相手に配慮した表現になります。

「いただけますでしょうか」にすると、より丁寧になりますね♡

「お聞かせください」の敬語表現

「お聞かせください」の敬語表現には、

・お聞かせくださいませ

・お聞かせ願います

・お聞かせいただければ幸いです などがあります。

いずれも、相手の意見や考え、情報などを聞くことを丁寧に依頼する表現です。

「お聞かせくださいませ」意味と例文

「お聞かせくださいませ」について

意味)「お聞かせください」と同じ意味合いで、丁寧な表現です。

使い方)「くださいませ」がつくことでニュアンスが柔らかくなります。社内で使うのが適切です。

例文

・もし、差し支えなければ、来週のミーティングの内容についてお聞かせくださいませ。

「くださいませ」を使うことでニュアンスが柔らかくなります。

「お聞かせ願います」意味と例文

お聞かせ願いますについて

意味)相手に何かを話してほしいとお願いする表現です。

使い方)「お聞かせくださいませ」よりはカジュアルな表現になります。「お聞かせ願えますでしょうか」にすると丁寧な表現になります。

例文

・恐れ入りますが、新しいサービスについて、ご感想をお聞かせ願えますでしょうか

「お聞かせいただければ幸いです」意味と例文

お聞かせいただければ幸いですについて

意味)「〜について、聞くことができれば嬉しいです」という意味になります。

使い方)「いただければ幸いです」は、「絶対にお願い」というニュアンスではなく、あくまでも相手が好意で応じてくれることを願っているというニュアンスです。非常に丁寧な表現です。

例文

・スケジュールの予定について、ご都合をお聞かせいただければ幸いです。

「お聞かせください」の言い換え

「お聞かせください」は、相手から話を聞くことを丁寧に依頼する表現です。状況や相手との関係性に合わせて、より適切な言い換え表現を選ぶことが大切です。

「お聞かせください」の言い換えをみていきましょう♡

・ご説明ください
意味)物事の内容や手順などを詳しく説明してもらうことを依頼する表現です。
使い方)難しい内容や専門的な知識が必要な場合に適しています。
例文)お手数をおかけしますが、契約手続きについて、ご説明いただけますでしょうか。

・ご教示(ごきょうじ)ください
意味)知識や情報を教えてもらうことを丁寧にお願いする表現です。
使い方)専門的な知識や経験に基づいたアドバイスを求めたい時などに適しています。
例文)専門的な内容ですので、ご教示いただけますでしょうか。

・お教えください
意味)何かを教えてもらうことを依頼する表現です。
例文)恐れ入りますが、こちらの商品の使い方をお教えいただけますでしょうか。

まとめ

「お聞かせください」は、丁寧な表現ですが、目上の人に対して使う場合は、より丁寧な表現や配慮が必要です。この記事で紹介した丁寧な言い換え表現や例文を活用することで、相手に失礼なく、相手に配慮したコミュニケーションができたら良いですね。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました