ブログ記事一覧はこちらです。

「強く思います」の言い換え表現と使い方【ビジネスシーンで役立つ!】

言葉遣い

「強く思います」は、自分の考えを明確に伝え、説得力を持たせるために便利な表現です。しかし、使い方が単調だと、気持ちが伝えられないこともあります。

この記事では、ビジネスシーンで効果的に「強く思います」を使うための言い換え表現と、それぞれの使い方例文とともに詳しく解説します。

「強く思います」とは?

「強く思います」は、自分の考えを相手にしっかりと伝えたい時に使います。

「強く思います」は、一般的には、目上の人に対して使える丁寧な表現です。具体的な理由を添えたり、謙虚な姿勢を忘れずに使うことが大切です。より丁寧な表現を使いたい場合は、言い換え表現も活用しましょう。

「強く思います」の意味と使い方

「強く思います」の意味は、ビジネスシーンにおいて、自分の意見や考えを強く、はっきりと伝えるために使う表現です。

単に「思います」と伝えるよりも、より強い意志確信を相手に示すことができます。

「強く思います」は、ビジネスシーンでは、以下のような場面で効果的に使用できます。

例文

提案や意見を強調したい

・この商品は成功する可能性が高いと強く思います。

・チームワーク強化には、コミュニケーションが重要だと強く思います。

問題解決策を提案する時

・早急な対応が必要だと強く思います

・過去の事案から考えても、この方法が最も効果的だと強く思います。

自分の考えを伝えたい時

・先輩がこの企画のリーダーに最適だと強く思います。

・目標達成に向けて努力すべきだと強く思います。

【上司との会話】「強く思います」を使う時のコツ:「具体的な理由を添える」

部下
部下

この企画は、社内のニーズに合致しており、成功を収めると強く思います。具体的には、〇〇という理由からです。

上司
上司

具体的な理由も説明してくれてありがとう。確かに、その点は私も重要だと考えていました。

上の会話をみてみましょう。

具体的な根拠に基づいて提案している:ただ「成功すると思う」だけでなく、「〇〇という理由から」と、具体的な根拠を述べています。説得力が増します。

・根拠を述べる前に結論を簡潔に伝えることで、上司の関心を引くことができます。

※なぜそう思うのか具体的な理由を添えることで、より説得力が増し、相手に真摯な想いが伝わります。

「強く思います」を使う時のコツです♡

「強く思います」を使う時のコツを続けてみていきましょう。

「強く思います」を使う時のコツ

「強く思います」は、自分の意見や考えを強く、はっきりと伝えるために使う表現です。「強く思います」を使う時のコツをみていきましょう。

「強く思います」を使う時のコツ→「具体的な理由を添える」はこちらです。

謙虚な姿勢を伝える

たとえ、強い意見を持っていても、目上の人に対しては謙虚な姿勢を忘れずに伝えることが大切です。

例文)

私の意見も加えていただけますでしょうか。

・恐縮ですが、私なりに考えた結果、こう結論付けました。

・恐れ入ります。ご意見をお聞かせいただけますと幸いです。

もし差し支えなければ、私の提案を聞いていただけますでしょうか

【社内での会話】

後輩
後輩

ミーティングの議題について考えてみました。もし差し支えなければ、私の提案を聞いていただけますでしょうか

親しい先輩
親しい先輩

了解です。メールで詳細な内容を送ってください。

「もし差し支えなければ、私の提案を聞いていただけますでしょうか」のような控えめな表現を選ぶ姿勢も大切ですが、相手との関係性を考えて使い分けをしてみましょう。

丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

「思います」を言い換える

「思います」は基本的には丁寧な表現ですが、目上の人に対して使う場合は、より丁寧な表現に言い換えることも大切です。

存じます
使い方)「思う」の謙譲表現。自分の意見や考えを述べたり、相手の話を理解していることを示す時に使います。

考えております
使い方)何かについて検討していることを丁寧な言葉で伝える表現。

確信しております
使い方)自分の考えや意見を強く確信していることを伝える表現。

所存です
使い方)自分の意志や決意を丁寧な言葉で伝える表現。強い意志を持っていることを示します。

例文

・この案件は、いったん保留にした方が良いかと存じます。
〇〇について考えておりまして、来週中に回答いたします。
・この企画は成功すると確信しております。
・さらなる成長を目指して努力する所存です。

相手へ敬意を払い、謙虚な姿勢を示しながら「強く思います」を使いましょう♡

「強く思います」の言い換え

強く思いますは、

・周囲に自分の考えを理解してもらい、共感してもらいたい時

・自分の考えをより明確に伝えたい、説得力を持たせたいという時に使うことが多くあります。

言い換えることで、適切に気持ちを伝えることができます。言い換えも使えたら良いですね。

確信を持っております
意味)フォーマルな場面や目上の人に対して使う表現です。自分の意見や考えに強い自信を持っていることを伝えられます。
例文)この企画は成功すると確信しております。

強く考えております
意味)ある事柄について、深く真剣に考えていることを表すこと。
例文)問題解決に向けて、強く考えております

確信に近い思いで考えております
意味)自分の考えに強い自信を持っているが、確信はできないというニュアンスの表現です。
例文)この方法が最適だと確信に近い思いで考えております。

謙虚さを示しつつも、自分の意見をしっかりと伝えることができます。

強く主張いたします
意味)自分の意見や考えを、強く押し通すように伝えること。論理や根拠に基づいて主張する場合が多い表現です。
例文)議論する必要があるので、強く主張いたします

まとめ

「強く思います」を使う時は、上記のポイントを参考に、状況に合わせて適切な表現を使い分けることで、「強く思う」を効果的に使うことができます。自分の意見をしっかりと伝え、相手を説得することが可能になります。ぜひ、意識的に使ってみてくださいね。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました