ブログ記事一覧はこちらです。

「〜に鑑みる(かんがみる)」は正しい使い方?意味や使い方、類語について紹介

言葉遣い

「鑑みる(かんがみる)」とは、過去の事例に照らし合わせて、今の状況をよく考えるという意味です。「〜を鑑みる」ではなく「~に鑑みる」が適切な使い方です。

例えば、「過去の自分の失敗に鑑みて、今回は慎重に行わなければならない」とは”過去の自分の失敗を参考にして今回は慎重に考えてみる。”という意味になります。
日常生活、ビジネスの場においても「鑑みる」はどなたに対しても使える言葉遣いです。

「鑑みる」を「考える」やほかの言葉遣いと混同しないように使いたいですよね。正しい使い方はどうしたらいいのかな?と悩んだ時にご参考にしていただけますと幸いです。「鑑みる」の使い方についてみてきましょう。

「鑑みる」の読み方

「鑑みる」「かんがみる」と読みます。
「鑑」は音読みで「かん」、訓読みで「かんがみる」と読みます。

「鑑みる」とは

「鑑みる」の意味をみていきましょう。

「鑑みる」とは、

「ほかの例、過去の先例(事例)や規範に照らし合わせて、今の状況をよく考える」という意味を示しています。
つまり、「鑑みる」を使う時は比較・参考にするものがある時に使うことになります。


「鑑みる」は先例・規範・規則・状況に基づいて、深く考えることを示します。

「鑑みる」を使うことで慎重に検討した結果を伝えることができるので、真摯(しんし)な気持ちが伝わりますね。

「鑑みる」とは、なんとなく使っていたけど、使い方が難しそう。

「鑑みる」の使い方が難しいなと思いました?「鑑」を使った言葉「武士の鑑(ぶしのかがみ)」があります。みていきましょう。

「武士の鑑(ぶしのかがみ)」とは

「武士の鑑(ぶしのかがみ)」とは武士の手本、見本という意味になります。「鑑」の訓読み(くんよみ)についてみていきましょう。「鑑」を訓読みにした時は「かがみ」「鑑みる」と読みます。「鑑」とは「武士の鑑」もあわせて考えると理解しやすいですよ。

例文
「あの方は人間の鑑(〇〇の鑑)ですね」


意味
あの方は非常に立派で、人間として模範、見習うべきお手本の方ですね。
〇〇の手本・模範という意味になります。




「鑑」は手本・模範を意味します。
「鑑みる」は先例・規範・規則・状況に基づいて、深く考えることを示します。

「鑑みる」は考えるだけではなく、先例・規範・模範・状況に基づいて
深く考えるのですね!相手に対して真摯(しんし)な気持ちが伝わりますね。

「に鑑みる」の使い方

「に鑑みる」が適切な使い方ですが、「を鑑みる」が適切ではない理由と違いについてみていきましょう。

「先例に鑑みる
「お手本に鑑みると
のように、「に」を使うことが適切です。


理由
「鑑みる」は、対象のもの「に」比較し照らし合わせて考えるという意味のため、

※しかしながら、最近では「を鑑みる」という使われ方が多くなっています。
「を考える」の代替で使われているようです。

「を」を使った場合、どんないいまわしにしたらいいのか、みていきましょう。

「を」を使った言い換えをみてみましょう。

〜を基準にして考える。
・昨年の数値を基準にして考える。


〜をお手本にして考える。
・先輩の行動をお手本にして考える。


〜を参考にして慎重に検討する。
・昨年のデーターを参考にして慎重に検討する。

「鑑みる」は、対象のもの「に」比較し照らし合わせて考える
だから「〜に鑑みる」になるのですね。

「を」使うなら、「〜を基準にして考える」にすべきなのですね。

「鑑みる」の例文

「鑑みる」の例文をみてみましょう。


・昨年のデーターに鑑みると、今年の売り上げの増加は一時的なものだと思われます。

・昨年の実績に鑑みた結果、本件の開発を進めていくことになりました。

・過去の事例に鑑みて、判断しなければならない。

・前例に鑑みると、この企画は修正しなければならない。

【社内での会話】

この企画について、どうでしょうか?

先輩
先輩

そうですね。過去の事例に鑑みて、判断しないと、難しいですね。

「鑑みる」の言い換え

「鑑みる」の言い換えについてみていきましょう。

「踏まえるふまえる

意味:根拠、物事を基準にして判断をする。


例文
・ウィルス感染症拡大を踏まえて、今後の方針についてお伝えします。

・現状を踏まえて、この企画を進めていきたい。


→根拠となることを踏まえて+「〜をします」

「熟考する(じゅっこうする)」

意味:十分に考えること。

例文:
熟考した結果、本企画は延期することにしました。
(意味:十分に考えた結果、延期になりました)



「熟考」は十分に考えるという意味で、特に根拠となる、ほかの例、過去の先例とは比較せず、考えることになります。

似ているけど、少しずつ意味が異なりますね!

まとめ

「鑑みる(かんがみる)」とは、過去の事例に照らし合わせて、今の状況をよく考えるという意味です。「〜を鑑みる」ではなく「~に鑑みる」が適切な使い方です。
「に」「を」は助詞で、同じ使い方をする部分もあります。そのため「を」を使いがちですが、今回については「に」が常用です。

また「鑑みる」の使い方を間違えて、「考える」に代替(だいたい)して使っている方を最近見かけます。先例、規範、模範、状況に基づいて深く考えた時に使う言葉遣いなので、気をつけて使ってみましょう。

「鑑みる」を使うことで慎重に検討した結果を伝えることができるので、相手に対して真摯な気持ちが伝わりますよね。ぜひ、ご参考にしていただけますと幸いです。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました