ブログ記事一覧はこちらです。

「お時間を頂戴できれば幸いです」とは?ビジネスシーンでの使い方、言い換え

言葉遣い

ビジネスシーンで相手に時間をもらたい時によく使われる言葉が「お時間を頂戴できれば幸いです」です。この言葉は、相手の時間を丁寧にお願いする表現で、具体的な日程や用件を提示して使うとよいですね。

例えばですが、日程調整のお願いをする場合は、「下記日程でご都合はいかがでしょうか。お時間を頂戴できれば幸いです」と、具体的な日程を提示してお願いすると、相手もスケジュールを調整しやすくなります。

また、「お時間をください」「お時間がほしい」「お時間をもらいたいです」「お時間をいただきたいと思います」を婉曲にした丁寧な表現でもあります。

本ブログでは、この言葉の使い方や例文、メールについて詳しく解説します。

「お時間を頂戴できれば幸いです」とは

読み方は「おじかんちょうだいできればさいわいです」と読みます。「お時間を頂戴できれば幸いですの意味についてみていきましょう。

「お時間」時間に「お」がつき、丁寧な表現になります。
相手の行動のため「お」が尊敬語になります。
頂戴できれば」「頂戴」は「もらう」の謙譲語です。
「できれば」は可能であればという意味です。
「幸いです」「幸い」に「です」の丁寧語がついた言葉です。

「お時間を頂戴できれば幸いです」の意味

「お時間を頂戴できれば幸いです」の意味についてみてきましょう。


「お時間」は「相手の時間」を指すため、敬語の「お」がつきます。

「頂戴できれば」とは相手の意向を委ねる(ゆだねる)ためやわらかい依頼の表現になります。

お時間をもらえるとうれしいという意味になります。

「お時間を頂戴できれば幸いです」使う時

「お時間を頂戴できれば幸いです」使う時についてみていきましょう。


・相手の時間をもらいたい時に使います。

・ビジネスの場では、会話やメールで使います。

・目上の人、取引先の人に対して使います。


【どんなシーンで使う?】
・面談や会議の日程を調整する時
・資料や提出物を作成する時
・回答や指示をもらう時
・アドバイスや協力をお願いする時

※「お時間を頂戴できれば幸いです」を使うことで、丁寧で配慮のある印象を与えることができます。

お時間を頂戴できれば幸いですを使う際のメリットや注意点ってなんですか?

メリットや注意点を以下にまとめてみました♡

使うとよいこと

「お時間を頂戴できれば幸いです」使うことのメリットについてみていきましょう。



・相手に敬意を示し、丁寧な態度を伝えることができます。

「できれば」は、意向を委ねているため、相手に負担を感じさせない言い回しです。

・相手のことを配慮した表現であるため、好感度を高めることができます。

・相手にわかりやすく、ビジネスシーンで使いやすい表現です。

※「お時間を頂戴できれば幸いです」とは、相手が自分の意志で時間をくれるかどうかを決められる表現です。相手に時間を強要するのではなく、時間をくれるかどうかは相手次第ということです。

使う時の注意点

「お時間を頂戴できれば幸いです」使う時の注意点について


・かしこまった言葉であり、使いすぎると形式張るため、気をつけましょう。

・相手の都合を気遣いましょう。

・用件を明確に伝え、相手に時間を割いてもらう理由を説明をしましょう。

「お時間を頂戴できれば幸いです」の使い方

ビジネスの場で、よく使われる「お時間を頂戴できれば幸いです」の使い方や例文についてみていきましょう。

※先の注意点で挙げました、用件の伝え方や相手に時間を割いてもらう理由などの文例として参考にしてみてください。

お時間を頂戴できれば幸いです」の使い方


・15時ころでしたら、ご都合はいかがでしょうか。お時間頂戴できれば幸いです。


資料を準備していますので、もう少しお時間頂戴できれば幸いです。


・〇〇の件についてご意見を伺いたく、お時間頂戴できれば幸いです。



〇〇の件について、ご説明させていただきたく、お時間頂戴できれば幸いです。

「お時間を頂戴できれば幸いです」の例文

お時間を頂戴できれば幸いですの例文についてみていきましょう。

【取引先での会話・その1】

<br>

ご多忙の中、大変恐縮ですが、新商品の説明について、来週中にお時間を頂戴できれば幸いです。詳細はメールで送らせていただきます。

取引先の人
取引先の人

かしこまりました。

「ご多忙の中、大変恐縮ですが」のように相手を気遣う言葉とは?


・お忙しいところ申し訳ございませんが
・ご多忙のところ申し訳ございませんが
・申し訳ございませんが
・恐れ入りますが
・お忙しい中、恐縮ですが
・大変恐縮ですが
・恐縮ですが


※ご自身の状況や伝えたい内容に合わせて、適宜(てきぎ)表現を調整して使っていきましょう。

※上記の言葉を前置きにすることで、相手に忙しいことを気遣い、無理をさせないように配慮
することがうかがえますね。

相手に敬意を払い、配慮する気持ちを示すことができます。

【社内での会話・その2】

後輩
後輩

企画書の作成について質問したいことがあります。恐れ入りますが、お時間を頂戴できれば幸いです。

先輩
先輩

いいですよ。

後輩
後輩

ご都合のよい日時を、おうかがいしてもよろしいでしょうか。

先輩
先輩

今週の木曜日であれば、午前中なら大丈夫ですよ。

後輩
後輩

どうもありがとうございます。木曜日の午前中によろしくお願いいたします。

先輩に時間を取らせることを考慮してお時間を頂戴できれば幸いですと丁寧にお願いしています。相手の希望する日時や時間帯を具体的に伝えていますね。

【上記の会話の流れについてまとめてみました


1. 時間のお願いをする際は、相手に「恐れ入りますが」などの言葉を添えましょう。相手の時間を大切に思う気持ちを表しましょう。

2. 用件を明確に伝えます。

3. 相手が都合を調整しやすいように、希望する日時や時間帯を具体的に伝えます。

4. 相手が了承したら、感謝の言葉を伝えてみましょう。


※ご自身の状況や伝えたい内容に合わせて、適宜(てきぎ)表現を調整して使っていきましょう。

目上の人に対して、普段から丁寧な言葉遣いを使っている場合は、ややカジュアルな表現を使うことで、親しみやすさや信頼感を示すことができます。ただし、相手との関係が深くても、相手の敬意を示す姿勢は忘れないようにしましょう。

【社内での会話・その3】

先輩
先輩

部長に提出する資料は、昨日まででしたが、大丈夫ですか?

後輩
後輩

申し訳ございません。もう少し時間がかかりそうです。

先輩
先輩

もしお手伝いすることがあれば言ってくださいね。

後輩
後輩

遅くなってしまい申し訳ございません。もう少しだけお時間を頂戴できれば幸いです。頑張ります。

【社外での会話・その3】

<br>

契約書について確認したいことがあるので、少しお時間をください。

社外の人
社外の人

少しお時間をください?

「お時間をください」は敬語ですが、相手の都合を考えていない言い方だと受けとめられてしまうこともあります。相手の都合を考えた言葉を使いましょう。

「お時間をください」の丁寧な言い換え

「お時間をください」は、親しい人に使うのはいいのですが、ビジネスの場では、目上の人や取引先の人に対してどのように丁寧な言い換えをしたらいいのでしょうか?みていきましょう。下に進むほど、より丁寧な表現になります。

お時間をください」「お時間いただけますか」「お時間をいただきたいと思います」「お時間がほしいです」「お時間をもらいたいです」は敬語です。親しい人に対して使うのはいいのですが、目上の人に使用する際はより丁寧な言葉を使い、好感度を高めてみましょう。

「お時間をください」
「お時間をいただきたいです」
「お時間をいただきたいと思います」
「お時間をいただけますか」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ビジネスの場では、ここより下を使う方が望ましいです。

お時間をいただきたいと考えております
「お時間をいただけますでしょうか」
「お時間を頂戴できますでしょうか」
「お時間を頂戴できればと存じます」
「お時間を頂戴できれば幸いです」
「お時間をいただければと存じます」
「お時間をいただければ幸いです」
「お時間をいただけましたら幸いです」
「お時間をいただけますと幸いです」
「お時間をいただけましたら幸甚(こうじん)でございます」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「お時間をいただけたら」という丁寧な表現です。

「お時間を頂戴したく存じます」
「お時間をいただきたく存じます」
「お時間をいただきますようお願い申し上げます」
「お時間をくださいますようお願い申し上げます」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「相手に時間をもらう」という丁寧な表現です。

相手の時間をいただく、もらう時には慎重に言葉を選びましょう。メール文でみていきましょう。冗長的(じょうちょうてき)・長めの言い回しについてはメールで使うようにしましょう。

【長めの文例:お時間をいただけましたら幸甚(こうじん)でございます】

お時間を頂戴できれば幸いですの文例

本文では、お詫びの気持ちを伝え、納期が遅れている理由を説明しています。結びに「何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます」を使うことで、より丁寧になります。

まとめ

お時間を頂戴できれば幸いです」について、言い換えや使い方について紹介しました。相手の時間をもらうことを丁寧にお願いする言葉です。シチュエーションに合わせて適切な表現を選んでいけたらいいですね。ご参照いただけましたら幸いです。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました