ブログ記事一覧はこちらです。

「お気遣いなく」の意味と使い方【ビジネスシーンで使える言い換え付き】

言葉遣い

日常会話でもビジネスシーンでもよく耳にする「お気遣いなく」「お気遣いなく」とは、相手の配慮や心配に対して、「気にしないでください」「心配しないでください」という意味合いで使われる丁寧な表現です。ビジネスシーンでは、この「お気遣いなく」を使う時は、相手への敬意を込めて丁寧な表現で使うことが大切です。

そこで、本記事では「お気遣いなく」の意味と使い方、ビジネスシーンでの言い換え表現について、具体例を挙げて解説していきます。

「お気遣いなく」の意味

「お気遣いなく」の意味についてみていきましょう。

「お気遣いなく」の意味は、相手の配慮や心配に対して、「気を遣わないでほしい」「心配しないでください」という意味合いの言葉です。相手の配慮をやんわり断る表現です。

「お気遣いなく」を使う時は、相手からの気遣い、心遣いに感謝や敬意を払うことが大切です。

「お気遣いなく」としか言っていませんでした。相手からの気遣い、心遣いに感謝や敬意が大切なのですね。

そうですね。「お気遣いなく」だけだと「相手からの心配をいらないです」と言う冷たい印象を感じさせますね。

「お気遣いなく」だけ言うと、相手の親切を不要だと捉えられてしまう可能性があります。そのため、丁寧な表現を添えて使うことが大切です。

「お気遣いなく」使う時

「お気遣いなく」使う時とはどんな時でしょうか?

相手から何かを勧められた

相手から何かをしてもらった

相手が心配してくれた

上記のシーンで「お気遣いなく」を使って相手の配慮をやんわり断る表現を使った文章を考えてみましょう。

「お気遣いなく」例文

「お気遣いなくお願いします」「お気遣いなさいませんように」「お気遣いなくお願い申し上げます」「くれぐれもお気遣いなく」「お気遣いなどなさいませんよう、お願い申し上げます」「お気になさらず」を使った例文になります。

「お気遣いなく」は、動詞が省略された表現であるため、単体で使う場合は、相手に失礼な印象を与える可能性があります。「お気遣いなく」に続くフレーズを丁寧な表現にしてみましょう。

「お気遣いなくお願いします」例文

目上の人や、親しい関係の人に使います。「どうぞ」「どうか」をつけることでより丁寧になります。

ーー目上の人に「お茶でもどうぞ」と勧められた時


・ありがとうございます。どうぞお気遣いなくお願いします。

・ありがとうございます。どうかお気遣いなくお願いします。

「お気遣いなさいませんように」例文

目上の人や、取引先の人に使います。「どうぞ」「どうか」をつけることでより丁寧になります。

ーー目上の人からサポートしてもらった時


・心遣いに感謝申し上げます。どうぞお気遣いなさいませんようにお願いします。

・ありがとうございました。心配ご無用です。どうぞお気遣いなさいませんように。

「お気遣いなくお願い申し上げます」例文

目上の人や取引先の人に使います。お気遣いなくお願い申し上げます」の方がより丁寧になります。

ーーお返し、返信を断る時


・どうもありがとうございます。どうぞお気遣いなくお願い申し上げます。

・どうもありがとうございます。どうかお気遣いなくお願い申し上げます。

・心ばかりの品ですので、くれぐれもお気遣いなく。

・どうかお気遣いなどなさいませんよう、お願い申し上げます。

【社内での会話・後輩が先輩にお土産を渡す】

後輩
後輩

先輩に出張のお土産、おいしいチョコ買ってきました。心ばかりの品ですので、くれぐれもお気遣いなく

先輩
先輩

心ばかりの品と言っても、こんなにおいしいチョコを買ってきてくれて、本当にありがとう。

「お気になさらず」例文

「お気になさらず」とは、相手の気遣いや心配に対して、気にしないで欲しいという意味です。目上の人や、親しい人に使います。

ーー体調が悪く、相手が気にかけてくれた時


ありがとうございます。どうかお気になさらないでください。今日はゆっくり休むつもりです。

・ありがとうございます。少し具合が悪いけど、大丈夫ですので、どうかお気になさらないでください。

【社内での会話】

上司
上司

最近、忙しいから、無理はしないようにね。

部下
部下

お気遣いなく。

上司
上司

お気遣いなく

使い方に気をつけましょう…上司は良い印象を持っていないようですね。そこで…

上記の会話を言い換えた例文です。

【お気遣いなくの例文】


・ありがとうございます。お気になさらないでください。無理はせずに、自分のペースで頑張ります。


・おかげさまで、なんとか頑張っています。お気持ちだけ頂戴します


・ありがとうございます。お気持ちだけ頂戴します。無理のないように進めていきます。


・ありがとうございます。お気になさらないでください。もし、無理を感じることがあれば、申し出ますので、よろしくお願いいたします。

【お気遣いなくのフレーズの良い点】


上司の心配を理解し、無理をさせないようにしてもらいたいという気持ちを表現することで、上司は安心してサポートができます。また、何かあれば助けを求めることを伝えることで、上司は必要な時にサポートができる点です。

上司から「最近、忙しいから、無理はしないようにね。」と言われたら、ぜひこの答えを参考にしてみてください♡

まったく感じが違いますね!好印象だし、相手もわかりやすいですよね。

「お気遣いなく」の言い換えをみていきましょう♡

「お気遣いなく」の言い換え

「お気遣いなく」の言い換えについてみていきましょう。

お気持ちだけ頂戴します、ご心配なく、お構いなく、があります。

順番にみていきましょう。

お気持ちだけ頂戴します

相手の贈り物や提案、アドバイスなどに対して、受け取りを辞退する時に使う表現です。

相手の心遣いは受け取るが、贈り物や提案、アドバイスは受け取らないという意味です。

お気持ちだけ頂戴します。 せっかくのお誘いですが今日は残念ながら予定がありますので、申し訳ございません。

・手伝ってくださるとのことですが、お気持ちだけ頂戴します。

ご心配なく

相手に「心配しないでください」と言う時に使う丁寧な表現です。

相手に安心感を与えるために、ビジネスシーンでよく使われる表現です。

ご心配なく、体調は回復してきました。お気遣いいただきありがとうございます。

・商品は発送されておりますので、ご心配には及びません。

お構いなく

「構いません」に「お」がついた丁寧な表現です。相手の気遣いを断る時に使います。

お構いなく、私がやりますので、ご心配なさらないでください。

お構いなく、どうぞこちらからお入りください。

「ご配慮いただきありがとうございます」「ご心配いただきありがとうございます」

「ご配慮いただきありがとうございます」「ご心配いただきありがとうございます」を使い、言い換えてみましょう。

相手の配慮や気遣いに対して感謝の気持ちを表す言葉です。この言葉を「お気遣いなく」の意味に言い換えると、相手に「気にしなくていいよ」「心配しなくていいです」ということになります。単体だけでも丁寧な表現になります。


ご配慮いただきありがとうございます。でも、気になさらないでください。


ご心配いただきありがとうございます。優しいお気持ちだけいただきます。


ご心配いただきありがとうございます。でも、ご心配なさらないでください。

※相手が自分のことを気にかけてくれたことに対して丁寧に感謝の気持ちを伝えることも大切です。

断りつつも、相手の気遣いに対して感謝の気持ちを伝えることで、相手に好感を持ってもらいましょう。

まとめ

「お気遣いなく」を使う時は、相手の気持ちを気遣って、丁寧な言い回しを心がけることが大切です。

・相手の気遣いに感謝する気持ちを表す

・相手に敬意を払う

これらのことに気をつけ、相手との関係性によって適切な言い回しができたらいいですね。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました