ブログ記事一覧はこちらです。

「貴重なお話を聞かせていただき」ビジネスシーンでの使い方・言い換え【メール例文付き】

言葉遣い

ビジネスシーンで、取引先や上司から貴重なお話をいただく機会は多いものです。そのような時には、感謝の気持ちを伝えたいものです。

「貴重なお話を聞かせていただき」は、相手の貴重なお話を聞けたことに感謝する表現です。

このブログでは、ビジネスシーンで使える貴重なお話を聞かせていただきの言い換えや使い方について、具体的な例文と合わせて解説します。

「貴重なお話を聞かせていただき」意味

「お話」
お話に「お」がつき、丁寧な表現になります。
相手の行動のため「お」が尊敬語になります。
「聞かせていただき」
「いただき」は「もらう」の謙譲語です。
「聞かせてもらう」と意味です。

「貴重」とは、重んじること、非常に大切なことを指し、「お話」は話のことです。「聞かせていただく」は、相手から話を聞かせてもらうという意味です。

よって、「貴重なお話を聞かせていただき」は、相手から話を聞き、その話が価値のあるものだと感じ、感謝する表現になります。

「ありがとうございました」や「感謝しております」などのフレーズと使うことが多いです。

お話を伺う」も謙譲表現のため、お話を伺えて」などに言い換えることができます。

相手の話を聞いて感銘をうけた時、感謝の気持ちを伝えたい時ってよくあります。言い換えや「貴重なお話を聞かせていただき」がうまく使えるようになりたいです。

「貴重なお話を聞かせていただき」を一緒にみていきましょう♡

※言い換えは、こちらになります

「貴重なお話を聞かせていただき」を使う時

「貴重なお話を聞かせていただき」を使う時はどんな時でしょうか?

「貴重なお話を聞かせていただき」は相手から話を聞き、その話が価値のあるものだと感じた時。

 敬語表現のため、上司や取引先の方等の目上の人に対して使います。


A)上司から指導を受けた時

B) セミナーで、ためになる話が聞けた時

C) 会議後に感謝のメールをする時

「貴重なお話を聞かせていただき」を使うことで、相手の話が聞けたことに感謝する気持ちを丁寧に示すことができます。

上記A)B)C)のシーンで「貴重なお話を聞かせていただき」を使って文章を考えてみましょう。

「貴重なお話を聞かせていただき」の例文


A)上司から指導を受けた時


貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。引き続きご指導の程よろしくお願いいたします。


貴重なお話を聞かせていただき、大変勉強になりました。


お話を伺えて大変光栄です。今後の業務に活かしていきたいと思います。

【社内向け・ビジネスメール例文】

お疲れ様です。 〇〇部の田中です。

先日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。
○○については、大変興味深く、勉強になるお話をありがとうございました。
私にとって大きな気づきとなりました。
今後の業務に活かしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

この度は誠にありがとうございました。

B) セミナーなどでためになる話が聞けた時



貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。

・本日は、〇〇についてお話を伺うことができて大変光栄でした。

貴重なお話を伺うことができ、大変勉強になりました。

貴重なお話をいただき、とても勇気づけられました。今後も頑張ります。

【社外向け・ビジネスメール例文】

いつもお世話になっております。 〇〇株式会社の田中です。

本日は、セミナーに参加させていただき、誠にありがとうございました。
貴重なお話を伺えまして、大変勉強になりました。

また、〇〇について、ご教示いただければ幸いです。
今後の業務に活かしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

具体的にもう少し質問をしたいことがあり、意欲が感じられます。

C) 会議後に感謝のメールをする時


貴重なお話を聞かせていただき、大変感謝しております。今後ともご指導よろしくお願いいたします。

・本日は貴重なお話を伺えて、大変光栄です。今後の業務に活かしていきたいと思います。

・本日は、〇〇についてお話を伺うことができて大変光栄でした。

・○○様の貴重なお話を聞かせていただき、大変勉強になりました。

【社内での会話】

後輩
後輩

先日は貴重なお話をいただき、とても勇気づけられました。どうもありがとうございます。
先輩のおかげで、前向きに頑張ろうという気持ちになりました。

先輩
先輩

一緒に頑張っていきましょうね。

先輩から貴重なお話をいただき、そのお話に勇気づけられたことを感謝しているという内容です。また、そのお話のおかげで、前向きに頑張ろうという気持ちになったと伝えています。

「貴重なお話を聞かせていただき」の意味を持ちながら、その時に適した表現を知りたいです。

「貴重なお話を聞かせていただき」の言い換えの例文をもう少しみていきましょう

「貴重なお話を聞かせていただき」の言い換え

「貴重なお話を聞かせていただき」の言い換えです。
ニュアンスは少しずつ違いますが、状況や伝えたい気持ちを考慮して、適切な言い換えを使うことで、気持ちをうまく伝えることができます。

・有益なお話をいただき、感謝申し上げます。

・貴重なアドバイスをいただき、感謝申し上げます。

・貴重なご意見いただき、心より感謝申し上げます。

・大変勉強になるお話をありがとうございました。

・感銘を受けました。

・深く考えさせられました。

有益なお話をいただき、感謝申し上げます

相手から得られた知識や情報が非常に有益であったことに対して、感謝を表現する言葉です。

・本日はお時間をいただき、有益なお話をありがとうございました。今後の仕事に役立てさせていただきます。

・○○については、大変有益で、私にとって大きな学びとなりました。今後の業務に活かしてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

貴重なアドバイスをいただき、感謝申し上げます

相手から受けたアドバイスが、自分にとって有益で価値のあるものであったことを、感謝の気持ちを込めて伝える表現です。ビジネスシーン、日常会話と使いやすい表現です。

貴重なアドバイスのおかげで、商談が成功しました。心から感謝申し上げます。

貴重なアドバイスをいただき、誠にありがとうございました。おかげさまで試験に合格することができました。今後とも、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

貴重なご意見いただき、心より感謝申し上げます

相手からいただいた意見を高く評価していることを表しています。ビジネスシーンでよく使う表現です。

貴重なご意見を参考に精進してまいります。今後とも、ご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。

貴重なご意見をいただき、心より感謝申し上げます。いただきましたご意見は、今後のサービスの向上に真摯に受け止め、取り組んでまいります。

使う時には、相手に敬意を払い、具体的な意見やアドバイスに触れ、具体的な行動につなげることが大切です。

行動にすることが大切なのですね

大変勉強になるお話をありがとうございました

相手の話から、何か新しい知識や気づきを得たことに対して、感謝の気持ちを表す言葉です。

・先日のミーティングでは、大変勉強になるお話をありがとうございました。

・先日の商談の際に、○○様から大変勉強になるお話を伺いました。ご丁寧にご説明いただき、大変感謝しております。

・〇〇について、大変説得力のあるお話をいただいたことが、とても印象に残りました。

感銘を受けました

相手の仕事に対する姿勢や考え方、成果などに深く感動し敬意の気持ちを表す言葉です。

・セミナーで拝聴いたしました。ご説明が大変わかりやすく、作成された資料も拝読し、感銘を受けました。

・先輩の人柄には、いつも感銘を受けています。いつも周囲に気を配り、困っている人を助けようとしてくれる方です。その姿に本当に尊敬しています。

具体的なエピソードと、そこから得た学びや気づきを述べるようにしましょう。

深く考えさせられました

相手の言葉や行動によって、自分の考えや価値観を改めて見つめ直すきっかけとなったことを意味します。

・先日、先輩からのご意見に深く考えさせられました。 自分の仕事の進め方を見直し、より良い成果を出せるよう努力いたします。

・○○については、深く考えさせられました。今後の業務に活かしていきたいと思います。

まとめ

「貴重なお話を聞かせていただき」は、相手の貴重なお話を聞けたことに感謝する表現です。ビジネスシーンでは、取引先や上司から貴重なお話をいただく機会は多いため、その時にあった言い換えができたらいいですよね。

状況や相手に合わせて、より具体的な表現を使い、感謝や喜びの気持ちを伝えてみましょう。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました