ブログ記事一覧はこちらです。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」ビジネスシーンでの正しい使い方、言い換え

言葉遣い

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、話を聞いてくれて嬉しかったという気持ちを示す表現です。ビジネスシーンでも使うことが多い表現です。「嬉しかったです」の使い方や、この表現が正しいのか、言い換えについて悩む方もいるかと思います。

本記事では、「話を聞いてくださり嬉しかったです」の意味と使い方、ビジネスシーンでの言い換え表現について、具体例を挙げて解説していきます。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、正しい使い方でしょうか?

正しい使い方ですが、「嬉しかったです」の部分がビジネス向けではないので、言い換えもできるようにしましょう♡

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、正しい表現です。しかし、ビジネスシーンでは、より丁寧な表現や、相手の意向を尊重した表現を心がけることが大切です。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」の意味と使い方

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、話に耳を傾けてくれたことに対して、感謝の気持ちを伝える表現です。

「話を聞いてくださり」は、相手の行動を尊敬語で表した表現です。「嬉しかったです」は、嬉しい気持ちの意味です。

話を聞いてくださり嬉しかったです」は、日常会話やビジネスシーンなどで使う表現です。

ビジネスシーンで親しい人との会話や日常会話の例文です。

・悩んでいたことを聞いてくださり、本当に嬉しかったです。

・○○さん、お話を聞いてくださり、嬉しかったです。とても参考になりました。

お話を聞いていただき、ありがとうございました

貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました

お話を聞いていただき、とても助かりました

お話を聞いていただき、勉強になりました

お話を聞いていただき、安心しました

「話を聞いてくださり嬉しかったです」を使ってビジネスシーンで使える敬語表現にしてみましょう。

「話を聞いてくださり」「嬉しかったです」の部分を敬語表現にしてみましょう。

「話を聞いてくださり」の敬語表現

「話を聞いてくださり」の敬語表現は、

「話を聞いてくださり」「話を聞いていただき
「話を聞いてくださいまして」「お話を聞いていただきまして」です。

くださる」「いただく」はどちらも同じくらい丁寧な表現ですが、使い分けに悩む時は「いただく」を使いましょう。

話を聞いてくださり嬉しかったですは、相手に話を聞いてもらったことに対する感謝の気持ちが込められています。ビジネスシーンでは、丁寧な言葉遣いで、本当に感謝の気持ちが伝わるようにしたいですね。

「嬉しい」の敬語表現

「嬉しい」を敬語表現にしてみましょう。

基本的な表現:「嬉しく思います」「嬉しい気持ちでいっぱいです」「嬉しく存じます」

より丁寧な表現:「嬉しい限りです」

目上の人に使う表現:「大変光栄です」「光栄に存じます」

感情的な表現:「胸がいっぱいになります」「喜びがあふれてきます」

相手との関係性や状況に応じて使い分けることを意識することで、より丁寧な印象になりますね。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、なぜ親しい人向けなのでしょうか?

主観的な感情表現であるためです。

ビジネスシーンでは相手の気持ちを尊重する表現を心がける必要があるからです♡

「嬉しかったです」は、主観的な表現ですので、相手によっては失礼に受け取られる可能性もあります。そのため、ビジネスシーンでは、相手の気持ちを尊重する表現を心がけましょう。


例えば、
相手が忙しい中、話を聞いてくれた場合は、「貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました」と表現します。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」使う時

「話を聞いてくださり嬉しかったです」をよく使う時は以下のシーンです。「話を聞いてくださり嬉しかったです」言い換えを使って答えてみましょう。

商談の後

打ち合わせの後

目上の人からアドバイスをもらった時

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、丁寧な表現ですが、ビジネスシーンでは、ややカジュアルな印象になります。そのため、より丁寧な印象を与えるために、言い換えをした方がよいでしょう。

話を聞いてくださり嬉しかったです丁寧にしてみましょう♡

商談の後「話を聞いてくださり嬉しかったです」例文

場面は商談後です。「話を聞いてくださり嬉しかったですを言い換えた例文を考えてみましょう。

・ご参加いただきありがとうございました。皆様のご意見を伺い、大変参考になりました。今後の業務に活かしていきたいと思います。

・お時間をいただき、ありがとうございました。貴重なお話を伺えて、大変勉強になりました。今後とも、よろしくお願いいたします。

打ち合わせの後「話を聞いてくださり嬉しかったです」例文

場面は打ち合わせの後です。「話を聞いてくださり嬉しかったですを言い換えた例文を考えてみましょう。

・ご多忙のところ、私の話を聞いてくださり、ありがとうございました。

お話を聞いていただきまして、ありがとうございます。心から感謝申し上げます。

・今回の打ち合わせで、貴重なご意見をいただけましたこと、大変嬉しく思います。

アドバイスをいただいた後「話を聞いてくださり嬉しかったです」例文

場面は目上の人からアドバイスをいただいた時です。「話を聞いてくださり嬉しかったですを言い換えた例文を考えてみましょう。

・貴重なアドバイスをいただき、ありがとうございました。話を聞いてくださり、大変嬉しかったです。

・今回のアドバイスで、大きな気づきを得ることができました。話を聞いてくださり、大変嬉しく思います。

・今回のアドバイスで、大変勇気づけられました。話を聞いてくださり、ありがとうございました。


今回のアドバイスは、私にとって大きな励みになりました。話を聞いてくださり、ありがとうございました。

・お時間をいただき、ありがとうございました。貴重なお話を伺えて、大変勉強になりました。今後とも、よろしくお願いいたします。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」言い換えのコツ

「話を聞いてくださり嬉しかったです」を言い換えする時、基本のかたちをおさえてカスタマイズするといいです。

【基本形】
・ご意見を伺い、大変参考になりました
・ご意見をいただき、大変感謝しております
・ご意見を伺い、心から嬉しく思います
・貴重なご意見をいただき、ありがとうございました
・貴重なお話を伺えて、大変勉強になりました
・ご意見、大変参考になりました

「話を聞いてくださり」を「ご意見を伺い」「貴重なご意見をいただき」「貴重なお話を伺えて」と表現することで、より丁寧な印象になります。

「嬉しかったです」を「参考になりました」「勉強になりました」にすることで、より具体的になります。

嬉しかったですの敬語表現も参考にしてみてください

これらの基本形を押さえておけば、シーンや相手に合わせて、適切な表現をカスタマイズすることができます。

・商談の後の挨拶では、「貴重なご意見をいただき、ありがとうございました。今後の製品開発に活かしてまいります」のように言うことができます。

・上司からの相談後では、「お気持ちを受け止め、今後の対応について検討させていただきます」のように言うことができます。

「話を聞いてくださり嬉しかったです」注意点

「話を聞いてくださり嬉しかったです」注意点は以下の点です。

1)相手との関係性や立場を踏まえて、適切な表現を使う。

話を聞いてくださり嬉しかったですという表現は、親しみやすさがあります。しかし相手との距離感を意識することも大切です。取引先のお客様に対しては、敬意を込めた表現を使うようにしましょう。

2)相手に感謝の気持ちを伝えるだけでなく、相手の話を真摯に受け止めたことを示す。

具体的には、相手の話を参考にした内容を述べたり、今後のアクションを起こしたりすることで、相手の話を真摯に受け止めたことを示すことができます。


【例文・社内での会話】

部下
部下

先日は、社内試験の勉強の仕方について、具体的なアドバイスをいただきまして、本当に感謝しています。

上司
上司

試験まで、あと少し頑張ってください。

「具体的なアドバイス」と表現することや、「本当に感謝しています」と表現することで、相手に感謝の気持ちをより強く伝えています。

状況や内容に合わせて適切な表現を選ぶことで、より相手に気持ちが伝わりやすくなります。

まとめ

「話を聞いてくださり嬉しかったです」は、相手の話を聞いてくれたことに感謝の気持ちを伝える言葉です。この言葉を言い換えることで、より丁寧で効果的な表現にすることができます。

また、シーンや相手に合わせて、表現をカスタマイズすることで、相手の印象にも残り、ビジネスの相手との関係を深めるためのきっかけにもなります。ここで挙げたフレーズを参考に、ぜひ活用してみてください。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました