ブログ記事一覧はこちらです。

「致します」と「いたします」使い分け、違いは?わかりやすく解説【例文付き】

言葉遣い

「お願い致します」と「お願いいたします」「致します」「いたします」は、漢字、ひらがなのどちらが正しいのかなと考えたことはありませんか?

正しくは「お願いいたします」となります。ビジネスシーンでは使い分けは大切です。今回は、ひらがな表記と漢字表記の違い、使い分けをわかりやすくまとめてみました。

このブログでは「致します」と「いたします」使い分けについて具体的な例文と合わせて解説します。

今までなんとなく「致します」と書いていたのですが、使い分けがあるのですね。

「いたします」「致します」の違い、使い分けについてみていきましょう。

「いたします」ひらがなで使う時とは?

「いたします」ひらがなで使う時についてみていきましょう。


「いたします」補助動詞であり、動詞と一緒に使います。


補助動詞とは、前の動詞を丁寧にする時に使います。


「お願いいたします」とは「お願いする」という動詞を丁寧にした表現になります。


「お願いする」という動詞の部分「する」を丁寧な言い回し(謙譲表現)にする時にひらがなで「いたします」となります。

文化庁の決まりで公用文の補助動詞はひらがなで書くというルールがあります。ビジネスの場でもルールに従った方が安心です。

「いたします」は動詞の後ろにつけて、丁寧にする時に使います。丁寧な言葉遣いのためビジネスの場で使われます。

「いたします」の例文

「いたします」の例文をみてみましょう。

・本日は、どうぞよろしくお願いいたします

・心から感謝いたします

・本日は、先に失礼いたします

・明日の研修に参加いたします

・会場に到着しましたら、連絡をいたします

・ご理解のほど、何卒(なにとぞ)よろしくお願いいたします

・書類を確認いたします

「致します」漢字で使う時とは?

「致します」漢字で使う時についてみていきましょう。


「致します」は、「する」の丁寧語で動詞です。


「致します」自体が動詞のため、前に動詞がない時に漢字で書きます。
「いたします」補助動詞のため前の動詞を丁寧にする時に使います。

「致します」の意味

「致します」の意味は2つあります。


1 ある状態に至らせる、結果としてもたらす意味。

2 「する」を丁寧な表現にする。

2つ目の使い方について本記事で紹介しています。

「致します」の例文

「致します」の例文をみてみましょう。

・今回の失敗は、すべて私の不徳の致すところでございます。


・締切までは、まだ時間がありますので、打ち合わせの手配はこちらが致します


・あのときに、もう少し早く到着していればと、今さらながら思いを致すことがあります。


・本来は私が致すところですが、事情により息子に任せてしまいました。

・弊社で会場の準備を致します

・弊社が致します

・片付けは、私が致します

まとめ

「いたします」と「致します」の使い分け、違いについてみてきました。
「よろしくお願いいたします」が正しい使い方です。「お願いいたします」は、よく使う言葉ですので気をつけていきましょう。

使い分けが分からなくなった時には、「いたします」ひらがな表記を使いましょう。「致します」は動詞そのものなので、「いたします」を使わなければならない時に「致します」を使うと誤りになります。ご参照いただけましたら幸いです。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました