ブログ記事一覧はこちらです。

「お力になれずすみません」ビジネスシーンではNG?言い換えと正しい使い方

言葉遣い

ビジネスシーンで、相手の依頼や要望に応えられなかったことを謝罪する時、どのような言葉を使うとよいのでしょうか?「すみません」を使っていませんか?

「すみません」は、ビジネスシーンでは軽い印象を与えてしまうため、控えたほうがよいとされています。ビジネスシーンでは相手の力に応えられない時、「お力になれず申し訳ございません」を使うことで、「私は、あなたの力になれないことを申し訳なく思っています」と言う意味になり、断り方がより丁寧でやわらかい表現になります。

このブログでは、ビジネスシーンで使える「お力になれずすみません」の言い換えや使い方について、詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

【お力になれずの意味】

「お力になる」「相手を助けたり、相手の要望に答えて協力すること」という意味。

「なれず」は否定のため「相手を助けることができない」もしくは「相手に協力することができない」という意味になります。

よって
「お力になれず」の意味は相手の要求に対して「相手の力になることができない」という意味になります。

※「お」が頭につくことで「お力になれず」は敬語表現です。

お力になれず」の意味は「相手の力になることができない」ということですね。

「お力になれず」を使う時

「お力になれず」を使う時は、相手の依頼や要望に応えられなかったことを謝罪する時に、口語・文書で使います。「力になれず」に「お」がつき敬語表現になります。

相手の要求に応えられないことに対して、謝罪の「申し訳ございません」「お断りします」「すみません」と伝えてもいいのですが、「お力になれず申し訳ございませんを使うことで「要求に応えられなく申し訳なく思っていることを伝えられますし、断り方がより丁寧でやわらかい表現になります。

「すみません」だけではなくて「お力になれずすみません」の方が申し訳ないという気持ちがこめられているのですね。

そうですね!相手の要求に応えられない時なので、丁寧にお断りするように心がけましょう♡

ビジネスシーンでは、相手に失礼な印象を与えないように、丁寧な言葉遣いを心がけることが大切です。そのため、日常会話でよく使う「すみません」という言葉は、ビジネスシーンでは控えたほうがよいとされています。

次は、ビジネスシーンでよく聞く言葉をピックアップしてみました。

「お力になれず」は正しい使い方? その1

下記の例文のお力になれずは正しい使い方でしょうか?

1)状況はーーー
相手は上司です。上司が新人のあなたに「この資料作成をお願いできるかな」と難しい課題を依頼してきました。

その時、あなたは上司に対して「私はまだ新人なので、お力になれずすみません」と伝えました。正しい使い方でしょうか?

答えはハートをクリックしてください♡♡♡

解答 上司がスキルを把握していない場合 「私はまだ新人なので、お力になれず申し訳ございません」ですが、 「かしこまりました、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします」という前向きな表現に言い換えてみましょう。

新人であっても難しい課題であれば、上司に自分のスキルや経験のレベルを伝え、仕事を任せてもらうためのチャンスを逃さないようにすることが大切です。

「お力になれず」は正しい使い方? その2

下記の例文のお力になれずは正しい使い方でしょうか?

1)状況はーーー
相手は親しい先輩です。あなたに「あと少しだけ手伝ってくれないかな」と依頼してきました。

その時、あなたは先輩に対して「今日は用事がありまして、先輩のお力になれずすみません」と伝えました。正しい使い方でしょうか?

答えはハートをクリックしてください♡♡♡

解答 親しい先輩に対しては「先輩のお力になれずすみません」のほうがかしこまらず、自然な表現です。

言い換えをした時の例文を挙げてみました。

・大変申し訳ないのですが、このたびはお力になれず申し訳ございません。

・検討した結果ですが、このたびはお力になれず申し訳ございません。

・お声がけいただいたのですが、このたびはお力になれず申し訳ございません。

・先輩のお力になれずすみません。

お力になれずすみません。でも、何かできることがあれば言ってください。

「お力になれずすみません」親しい人や同僚、バイト先などで使用します。

「お断りします」は相手を拒絶した印象になります。「お力になれず申し訳ございません」を使って、相手を気遣い、丁寧な断り方をしましょう♡

「お力になれず」の言い換え

相手の力になれない時、要望に応えられなかった時に、謝罪の言葉遣いと一緒に「お力になれず」使うことで、より丁寧でやわらかい表現になります。

・お力になれず申し訳ございません

・お力になれず残念です

・お力になれず心苦しい/お力になれず心苦しい限り

・ご期待に沿えず

・ご要望に沿えず

・お力添えできず申し訳ございません

状況にあわせた適切な使い方ができたらいいですね。一緒にみていきましょう♡

お力になれず申し訳ございません

「申し訳ございません」に「お力になれず」を加えると丁寧な表現になりますね。


・ご希望の日程では調整が難しく、お力になれず申し訳ございません。

・私どもの都合上、機能の追加ができず、お力になれず申し訳ございません。

・ご希望の日にご案内ができず、お力になれず申し訳ございません。

お力になれず残念です

「お力になれず残念です」は、相手の要望や依頼に応えられなかったことを、申し訳ない気持ちと残念な気持ちの両方を持って伝える表現です。

「お力になれず申し訳ございません」よりもカジュアルな表現です。


・今回は、お力になれず、大変残念です。

・助けになりたいと思っていましたが、お力になれず残念です。

・ご要望にお応えできず、大変残念です。今後はより精進してまいります。

お力になれず心苦しい、お力になれず心苦しい限り

「お力になれず心苦しい」は、相手の要望や依頼に応えられなかったことを、申し訳ない気持ちとそれを心苦しく思う気持ちを伝える表現です。※相手に、寄り添う気持ちが強くなる表現です!

お力になれず残念ですと似た表現です。

相手に強く共感ができる言葉ですね。

・助けになりたいと思っていましたが、お力になれず心苦しいです

・〇〇さんのお願いに、お力になれず心苦しいです。

・ご要望にお応えできず、大変申し訳ございません。心苦しい限りです。

ご期待に沿えず/添えず(ごきたいにそえず)

「ご期待にそえず」は漢字で書く時は「沿えず」or「添えず」です。一般的には「沿えず」を使います。ひらがなを使うことでやわらかい表現になります。

・本件について、ご期待にそえず申し訳ございません。次の機会であらためて協力させていただきたいです。

・お客様のご期待にそえず、心苦しい気持ちでいっぱいです。

ご要望に沿えず(ごようぼうにそえず)

「ご要望に沿えず」は、相手の要望や依頼に応えられなかったことを伝える表現です。「お力になれず心苦しい」「お力になれず残念です」よりフォーマルな表現です。


・お客様のご要望に沿えず、誠に申し訳ございません。再度検討し、改善いたします。

・ご要望に沿えなかったことを心からお詫び申し上げます。

お力添えできず申し訳ございません(おちからぞえできず)

「お力添えできず申し訳ございません」は、何らかのお手伝いや協力が期待されたが、それを提供できなかった際に謝罪の意を表現する言葉です。フォーマルな表現です。

・自分が手伝うことができなくてお詫びする時
・協力してもらったにもかかわらず、よくない結果になった時に使います。



お力添えできず、誠に申し訳ございませんでした。

お力添えいただいたにもかかわらず、残念な結果となり、申し訳ございません。

「また、お声がけしてください」とは

「お力になれず申し訳ございません」とお断りをした後は、以下のようなプラスの言葉をそえて、次につながる気持ちを伝えるとよいでしょう。

力になれなかった後でも良好な関係を維持し、次回の協力やサポートにつながりますね。

下記の例文を、ぜひ日常で使ってみてください!

・お役に立てるよう、今後も精進してまいります。

・代わりに、何かお手伝いできることがあれば、おっしゃってください。

・ご要望にお応えできるよう、今後も精進してまいります。

・今回はお力になれず申し訳ないです。協力できなかったのですが、お声がけしてもらってうれしかったです。

・今回はお力になれず申し訳ないです。次回は、ぜひお力になりたいです。

・今回はお力になれず申し訳ないです。次回の機会には喜んでサポートさせていただきます。

次回もどうぞお気軽にお声をかけてください。良い関係を続けていきたいと思っています。

【社内での会話】

後輩
後輩

今回はお力になれず申し訳ないです。次回の機会には喜んでサポートさせていただきます。

先輩
先輩

私こそ、忙しいのにお願いして申し訳ないです。今度、またお願いするね。

次につながる言葉遣いを上手に使いましょう!引き続き良好な関係でいられますように♡

まとめ


ビジネスシーンで「すみません」という言葉を多用する人も、この記事を参考にして「お力になれずすみません」の言い換え表現を知っていただけたらと思いまして作りました。ビジネスシーンで丁寧な言葉が使えますように。

「今回は力になれなかったけど、次は力になりたいです」という表現は、力になれなかった後でも良好な関係を維持し、次回の協力やサポートにつながります。次につなげたいという気持ちをうまく伝えることができたらいいですね。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました