ブログ記事一覧はこちらです。

「お大事になさってください」は正しい使い方?言い換え表現【例文付き】

言葉遣い

体調を悪くしてしまった方に、失礼のない言葉で気持ちを伝えたいと思ったことはありませんか?

「お大事になさってください」は二重敬語ではないので、日常の言葉遣いとして正しい使い方です。ビジネスシーンではより丁寧な表現を使いたいものです。この記事では、ビジネスシーンで使える「体調を気遣う言葉」の言い換えや使い方について、詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

「大事(だいじ)」の意味

「大事」の意味は、以下3つあります。

重大な事柄、大変な事柄のこと

・大変な状態、心配な状態のこと

・大切にすること

「お大事になさってください」相手が病気や怪我をした際に、早く良くなるようにといたわりの気持ちを伝える丁寧な表現です。

「大事」とは、大変な状態から、大切にしてほしいことを願っているのですね!

「お大事になさってください」の意味と使い方

「お大事になさってください」は、病気や怪我をした方へのお見舞いや、体調を崩している方へのいたわりの気持ちを伝える際の丁寧な表現です。

目上の人や、丁寧な言葉遣いを心がけたい場面などによく使われます。

【社内での会話】

部下
部下

ご無理なさらず、お大事になさってください。

上司
上司

ありがとう。〇〇さんも、風邪をひかないよう、お気をつけください。

「お大事になさってください」は二重敬語?

「お大事になさってください」は、二重敬語なのでしょうか?つくりをみていきましょう。

「お大事になさってください」の「なさる」は尊敬語、「ください」は丁寧語になります。そのため二重敬語にはなりません。

「お大事になさってください」とは「お〜なさる」「ご~なさる」のため1つの尊敬表現になります。ほかの言葉遣いで例をあげています。

二重敬語とは、1つの言葉に同じ種類の敬語を2回重ねて使うことです。よく使われる二重敬語の例を下に挙げています。

【二重敬語の例】
(尊敬語+尊敬語)ご覧になられました、お見えになられました、お帰りになられました
(謙譲語+謙譲語)お伺いいたします、お伺いさせていただきます

二重敬語について紹介しています。参考にしていただけますと幸いです♡

「お大事になさってください」の例文

「お大事になさってください」を使った例文をみていきましょう。

例文

・くれぐれもお大事になさってください。

・ご無理なさらず、お大事になさってください。

・今日は、もう病院に行って、お大事になさってください。

「お大事になさってください」の言い換え

「お大事になさってください」は、相手が病気や怪我をした際に、早く良くなることを願って丁寧に伝える言葉です。言い換えと例文をみていきましょう。

1. 「お体に気をつけてください」

2. 「お労りください(おいたわりください)」

3. 「ご自愛ください」

4. 「お大事に」

それぞれの意味と例文をみていきましょう!

「お体に気をつけてください」

お体に気をつけてください

意味:「お体に気をつけてください」は、相手の健康を気遣い、体調を崩さないようにしてほしいという気持ちを伝える表現です。目上の人や親しい人に対して、丁寧な言葉遣いで使うのが一般的です。

例文

・今週は夜遅くまでの作業が続いていますが、お体に気をつけてください。

・体調を崩しやすい季節ですので、お体に気をつけてお過ごしください。

「お労りください(おいたわりください)」

お労りください

意味:相手の労苦をねぎらい、いたわる気持ちを表す言葉です。「お疲れ様」と似ていますが、より丁寧な表現で、目上の人や改まった場で使われます。

使い方:目上の人に対して、仕事や家事などで大変だったことをねぎらい、いたわる際に使います。

例文

・ゆっくりお休みをとって、お労りください

・早く回復されることを願っております。どうぞお労りください

「ご自愛ください」

ご自愛ください

意味:「ご自身のお体を大切にしてください」という意味です。

使い方:相手を気遣う際に、手紙やメールの結びの言葉として使われます。

例文

厳しい暑さが続きますので、ご自愛ください。

関連記事です。相手を労る言葉遣いについて「ご自愛ください」よろしければご参照ください。

「お大事に」

お大事に

意味:相手を気遣い、早く元気になってほしいという気持ちを伝える際に使います。

「お大事に」とは「お大事にしてください」の省略です。

使い方:

「お大事に」とは、親しい間柄で使うのはいいですが、省略した言葉遣いのため、目上の人に使うのは控えましょう。

・目上の人に対して使う場合は「お大事になさってください」、目下の人に対して使う場合は「お大事にしてください」と表現するのが一般的です。

「お大事になさってください」の返信、答え方

「お大事になさってください」と言われたら、まず相手を気遣ってくれたことに対する感謝の気持ちを丁寧に伝えましょう。以下の例文を参考に、状況に合わせて言い換えてみてください。

【例文】

下記のの中からひとつずつ組み合わせて、返信の言い回しができます。

【丁寧な表現で感謝の気持ちを伝える】

・お心遣い感謝いたします。
・どうもありがとうございます。
・お気遣いの言葉をうれしく思います。
・あたたかいお心遣いに感謝いたします。

【体調や状況を伝える】

・おかげさまで、だいぶ回復しました。
・ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

【相手を気遣う言葉をかける】

・〇〇様もどうぞ、お体にお気をつけください。
・〇〇様のご健康を心からお祈り申し上げます。
・〇〇様もお元気で過ごされますようお祈り申し上げます。
・〇〇様もどうぞ、風邪をひかないよう、お気をつけください。

【社外での会話】

田中さん
田中さん

今日は、病院へ行ってお大事になさってください

お気遣いいただきありがとうございます。田中様もどうぞ、お体にお気をつけください。

相手の気遣いに対してのお礼を伝えて、自分も相手を気遣う。とてもいいですね!

まとめ

「大事」という言葉には、単に「重要」という意味だけでなく、「大切」や「健康」といったニュアンスも含まれます。特に、「お大事に」という言い回しは、体調を崩した方へのお見舞いや励ましとしてよく使われますが、より丁寧で思いのこもった表現として「お大事になさってください」と伝えることをおすすめします。

いたわりの気持ちが伝わるような丁寧な言葉遣いを心がけたいものです。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました