ブログ記事一覧はこちらです。

「励みになります」ビジネスシーンでの使い方、言い換え【例文付き】

言葉遣い

「励みになります」は、ビジネスシーンで、相手への感謝の気持ちと、さらなる努力を続ける意欲を伝えるのに最適な表現です。しかし、使い方が難しいと感じる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、励みになりますの言い換え表現や、より効果的な使い方を例文付きで詳しく解説します。

「励みになります」の使い方が難しいので使えるようにしたいです。

一緒にみていきましょう♡

励みになりますと相手に返すことで、その期待に応えようと努力する決意を表明することができます。ビジネスシーンでも使えたら良いですね。

「励みになります」の意味と使い方

「励み」:やる気を起こさせるもの、心を支えるものという意味合い。

「なります」:「なる」に丁寧語「ます」がついて「になります」に。

「励みになります」は、あなたの言葉や行動は、「私に、やる気や頑張る気にさせてくれます」という意味合いになります。

自身のモチベーションアップになります♡

「励みになります」は、目上の人に対して感謝の気持ちと謙虚な姿勢を伝えながら、具体的な行動への意欲を示す表現です。

「励みになります」の使い方

「励みになりますは、誰かからの言葉や行動によって、「自分がやる気を出したり、頑張ろうと思ったりする」気持ちを表す表現です。

使う時は、目上の人、取引先の人、敬意を払うべき人に対して使います。

「励みになります」の基本的な使い方♡

〜していただき、励みになります

「〜していただき、励みになります」

・誰かに何かをしてもらったことに対する感謝の気持ちを伝え、そのことが自分のやる気や成長につながっていることを伝える表現です。

例文

・お褒めの言葉いただきありがとうございます。励みになります。

・ご満足いただけて嬉しいです。大変励みになります。今後ともお客様のご期待に添えるよう努めてまいります。

「大変」 を加えることで、より丁寧な表現になります♡

〜のお言葉、大変励みになります

「〜のお言葉、大変励みになります」

・誰かから受け取った言葉や助言に対して、感謝の気持ちと、その言葉が自分のモチベーション向上に繋がっていることを伝える表現です。

【社内での会話】

親しい先輩
親しい先輩

最近の仕事ぶり、目覚ましいですね。期待しています。

後輩
後輩

先輩のお言葉、大変励みになります。更なる成長を目指して努力していきます。

大変励みになりますが適切に使えていますね♡

〜のお言葉に励まされ、より一層努力いたします

「〜のお言葉に励まされ、より一層努力いたします」

以下の2つの意味を表します。

1)感謝の気持ち:〇〇さんの言葉に励まされ、感謝しています。
2)決意表明:〇〇さんの言葉に励まされたことで、より一層努力すること。

このフレーズは、以下のような場面で使用できます。

・面談や報告会で、上司からの指導を受けた後
・講演会や研修会で、講師からの言葉を聞いた後
・お客様からのご意見やご感想に対して  などです。

【社内での会話】

〇〇部長
〇〇部長

提案書とても良かったよ。もっと自信を持って発表すれば、さらに良い結果が出せると思う。

部下
部下

ありがとうございます。〇〇部長のお言葉に励まされ、より一層努力いたします。

お言葉に励まされ、より一層努力いたしますが適切に使えていますね♡

上の会話をみてみましょう。

「お言葉に励まされ、より一層努力いたします」とは、目上の人からの言葉や指導を受けた際に、感謝の気持ちと努力の意思を伝える丁寧な表現です。謙虚さを示しつつも、向上心をアピールすることができます。

「励みになります」の使い方のコツ

「励みになります」は、その期待に応えようと努力する決意を表明することができます。使い方のコツをみていきましょう。

具体的な内容を伝える

励みになりますと言うよりも、具体的にどのような部分が励みになったのかを伝えることで、より気持ちが伝わります。

例えば、

・○○という言葉が励みになります。これからも頑張ります。

・〇〇さんのアドバイスが、私の今後の仕事に大きな励みになります。

上記のように具体的に伝えてみましょう。

例文

上司から褒められた場合:〇〇と評価していただき、ありがとうございます。大変励みになります。引き続き努力いたします。

具体的に伝えることで、感謝の気持ちがより深く伝わり、相手も喜んでもらえるでしょう♡

自分の気持ちを添える

その言葉に対して自分がどう感じたのかを伝えることで、より気持ちが伝わります。

例えば、

・〇〇さんのおかげで、頑張ろうという気持ちになりました。

・〇〇さんの言葉に、勇気をもらいました。ありがとうございます。

のように、自分の気持ちを添えることで、より丁寧で気持ちがこもった表現になります。

・大変参考になります。

・心強い限りです。

・お力添えいただき、ありがとうございます。 など

そのほか、状況に応じた言い換え表現を使うことも大切です。

例文


・ご賛同いただき、心強い限りです。

お力添えのおかげで、モチベーションを維持できております。

・ご助言、大変参考になります。早速〇〇の施策に取り組んでみます。

シチュエーションにあわせて使いわけしてみましょう♡

関連記事です。

「励みになります」の言い換え、類語

状況に合わせて、「励みになります」を言い換えることで、適切に気持ちを伝えることができます。言い換えも使えたら良いですね。

・やる気にさせてくれます

意味:相手のサポートや助言によって、自分のやる気が高まることを意味します。

例文:先輩の経験談を聞かせていただき、とてもやる気にさせてくれました。

・力になります

意味:相手の存在や行動が、自分の目標達成に向けた力になっていることを伝えたい場合に使います。

例文:〇〇の存在が私の力になっています。

・モチベーションになります

意味:相手の存在や助言によって、自分のモチベーションが向上することを意味します。

例文:リーダーの熱意は、私たちのモチベーションを高めてくれます。

高揚感や意欲の高まりを表現できます♡

・勇気をもらえます

意味:困難に立ち向かう勇気を与えてもらったことを伝えたい場合に適しています。

例文:先輩の言葉で勇気をもらえました。

まとめ

「励みになります」という言葉を上手に使って、周りの人からの励ましを力に変えていけたら良いですね。使い方のコツを意識して、ぜひ活用してみてください。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました