ブログ記事一覧はこちらです。

「伺わせていただきます」の正しい使い方と言い換えや敬語表現を解説【例文付き】

言葉遣い

上司やお客様に尋ねる場面で、「伺わせていただきます」と丁寧な表現を使っている方、多いのではないでしょうか?この表現が二重敬語ではないか疑問に思ったことはありませんか?

本記事では、伺わせていただきますのビジネスシーンでの意味、使い方や言い換え、例文、二重敬語についてわかりやすく解説します。

伺わせていただきますは、丁寧な言葉なので、いつも使っています。

伺わせていただきまは、丁寧な表現ですが二重敬語です。

「伺わせていただきます」は、丁寧な表現のつもりで使われることが多いですが、実は二重敬語になります。正しい使い方をみていきましょう。

「伺わせていただきます」の意味

伺わせていただきますは、

「伺う」:「相手に何かを尋ねたり、聞く、訪問したりする」という意味の謙譲語です。

させていただく」:「させてもらう」の謙譲語です。

させていただくを使うには、2つの条件があります。

1)相手の許可が必要なこと
2)恩恵を受ける事実や気持ちがあることを満たすことが条件となります。

伺わせていただきますの中に「させていただく」があるため、使うには2つの条件を満たす必要があるのですね。

その通りです。「させていただく」の記事に分かりやすく解説しています♡

「伺わせていただきます」は、二重敬語です

伺わせていただきますは、二重敬語であり、本来は控えるべきなのですが、慣習として定着しているものについては、文部省の敬語の指針では使用が許容とされています。

気にされる方もいますので、相手に配慮して言い換えを使うことも考慮しましょう。

↓二重敬語になってしまう理由です♡

二重敬語とは、1つの言葉に同じ種類の敬語を2回重ねて使うことです。

伺わせていただきます」は、謙譲語謙譲語になり二重敬語となります。

丁寧な言葉遣いだから、敬語は重ねてもいいのかと思っていました。二重敬語はいけないのですか?

二重敬語のメリット・デメリットについてまとめてみました♡

二重敬語のメリット・デメリット

相手への敬意を表すことは重要ですが、二重敬語は状況によっては、かえって失礼に捉えられてしまうことがあります。

日常会話では、二重敬語は一般的に使われており、必ずしも誤りとは言えません。特に、目上の方への依頼や改まった場面では、二重敬語の方が丁寧な印象を与える場合もあります。

しかし、場面や相手との関係性によっては、回りくどさや配慮不足を感じさせてしまう可能性もあります。

伺わせていただきますの正しい使い方は、「伺います」「伺う」になります。

関連記事です

「伺わせていただきます」の正しい使い方は、「伺います」「伺う」です

伺わせていただきますの正しい使い方は、「伺います」「伺う」になります。使い方をみてみましょう。

「尋ねる(聞く・質問する)」:相手の意見や情報を謙虚に求める際に使う時

例文

・ご要望について、もう少し詳しく伺ってもよろしいでしょうか。

・恐れ入ります。弊社の新商品について、ご感想を伺いたく存じます。

・恐れ入ります、ご希望の仕様について詳しく伺ってもよろしいでしょうか?

「行く・訪問する」:自分が行くことをへりくだる時に使います

例文

・契約書の確認があるため、10時に伺います。

・明日、御社にご挨拶をするために伺います。

・今週の火曜日に伺いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

↑すっきりした、わかりやすい表現になりますね♡

「伺わさせていただきます」は正しい使い方?

「伺わせていただきます」とは「さ」が入ることで「さ入れ言葉」のため誤りです。

「さ入れ言葉」とは、本来「さ」を入れなくても意味が通る言葉に「さ」を入れて使う表現です。

ビジネスシーンでは、特に注意が必要です。

「伺わさせていただきます」と使っている人いますよね。

「伺わさせていただきます」は、さ入れ言葉なので誤りです♡

伺わせていただきまのほかに言い換えってありますか?

もっと好印象な言い換えがありますので、紹介します♡

「伺わせていただきます」の言い換え、類語

伺わせていただきまは、丁寧な言葉遣いを心がける場面でよく使われますが、二重敬語です。相手への配慮をより深めるために、状況に合った言い換え表現を使い分けることが大切です。

言い換え表現を少し多めに挙げています。参考にしてみてください♡

伺いたいです

伺いたいです

意味:話を聞くことを丁寧に伝える表現です。

使い方:目上の人や、丁寧な言葉遣いを心がけたい相手に対して使います。

例文:資料について伺いたいのですが、よろしいでしょうか。

関連記事です

「お聞きします」

お聞きします

意味:相手に何かを尋ねたい時に使う丁寧な表現です。

使い方:目上の人や敬意を払う場面で使います。

例文:お忙しいところ恐縮ですが、この数値について、お聞きします。

関連記事です

「教えていただけますか」

教えていただけますか

意味:相手に何かを教えてもらいたい時に使う丁寧な表現です。

使い方:目上の人や、丁寧な言葉遣いを心がけたい相手に対して使います。

例文:○○の件について、もう少し詳しく教えていただけますか。

参ります

参ります

意味:「行く」の謙譲語です。目上の人やお客様など、丁寧な言葉遣いを必要とする場面で使います。

使い方:

・「参ります」は、例えば、「10時に会議室に参ります (会議室に対して敬意を払う必要はないが、聞き手に対して丁寧な表現)

・「伺います」は、例えば、「社長室に伺いますのように、目上の方のいる場所に行くことを伝える場合に使います。

「お尋ねします」

お尋ねします

意味:相手に何かを尋ねたり、意見を求めたりする時の丁寧な表現です。

使い方:自分が目上に人に尋ねる時は、謙譲表現になります。

例文:お忙しいところ申し訳ございません。〇〇についてお尋ねしてもよろしいでしょうか。

まとめ

伺わせていただきまは、本来二重敬語として誤りですが、慣習的に広く使われ、ビジネスや日常会話では許容されています。しかし、フォーマルな場や目上の人に対しては、より丁寧な表現を選ぶことが大切です。

言い換えも使えたら良いですね。

ニュースレターを購読する

メルマガ登録をお願いいたします。

今日も一緒に言葉を学んで、相手を思いやる言葉遣い、適切な言葉遣いでコミュ力を上げていきましょう♡

言葉遣い
えりのビジネスコミニュケーションブログ「えり♡コミ」
タイトルとURLをコピーしました